鎌倉の歩き方 歌詞

投稿日:2016/12/14 00:34:03 | 文字数:265文字 | 閲覧数:69 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

きみは逗子行きの電車にのり
まだ着かないのにはしゃぐの
ぼくも逗子行きの電車にのり
はしゃぐきみをながめてるの

春はあけぼの、秋もあけぼの
鎌倉駅に7時集合
早朝の人気のないうちに
北鎌倉からまわるが正攻法
本堂あがって似非座禅
まだ残ってる季節のかおりをかげば
ほら立ち上ってくるの
いろいろの思い出、懐かしい人々

正午前にははやめのお昼
ざるかせいろ、それが正論?
鶴が岡八幡宮にお参り
その後は由比ガ浜でぶらぶら
鎌近は知らないうちにしまっていた
青い花が咲く文学館
空気公団がライブやってた
日が沈むまえに横浜へにげろ

(プロフィールはありません)

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/26

もっと見る

▲TOP