GALLOWS BELL

投稿日:2010/12/04 15:17:47 | 文字数:1,304文字 | 閲覧数:80 | カテゴリ:小説

ライセンス:

GALLOWS BELLの小説を書かせていただきました!
なかなか表現するのがむずかしかったのですが・・・

彼女の方が「ミク」という設定は特にありません。
ただ、愛するもの同士の、彼女と彼です

もう歌詞事態が小説向きだなと思い
歌詞をそのまま使わせていただいているところが
沢山あります><

彼の悩みがなんだったのか・・・
二人になにがあったのか・・・
彼女が死ぬ前の二人の様子などは
詳しく書く事ができませんでしたが
楽しんでいただけたら幸いです^^

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

GALLOWS BELL 


昨日私は、愛する人に殺されました。
最後の晩、私たちは普段通りに過ごし、
明日もこんな日々でいるんだと思っていました。

しかし、それは違ったのです。
彼は重く深く、とても深刻な悩みを抱いていました。
それがどんなことだったのかは、私には分かりません。
その結果、私は彼に殺されてしまったのです。

でも悲しくはありません、
苦しくもありません


私は、彼にこうしてもらいたかったから



***



しかし、彼は自分のしたことを深く反省し、後悔ばかりしていました

幽霊になった私は
閉じ込められた彼の部屋に
形の無い姿のまま、これが最後の挨拶になるだろうと覚悟を決めて彼を訪ねました

彼は部屋の隅に座り込み
死んでる目で かろうじて息をしていました、

きっと彼に私の言葉は通じないと思う。
なにも伝わらないと思う、だけど
私は彼に私の想いを伝えたかった...


『 泣かないで 私は 
  あなたにこうされたいと望んでたわ
  後悔しないで、 すぐに会えるから

  大丈夫よ。 貴方はきっと
  狂ってなんかないと思うわ
  ちょっとだけ 驚いた・・・
  そう、ただそれだけ。 』

  
聞こえてないはずの声は
彼に聞えているような気がしました。
彼は涙を止めて
目に力が入り 精一杯息をしました。

そして彼は自分のしわくちゃな手をみて
顔を一瞬歪ませましたが
すぐにもとにもどして
まるで私が見えているかのように
口を動かして
私にこういいました


「 ねぇ、 この手はね
  君の血でふやけちゃって
  もう元にはもどらないんだ

  だけど... もう悔やまないよ
  だって、 すぐに会えるから
  でも・・・

  思い出すよ
  泣くよりずっと、ずっと
  思い出せないことに 怯えているんだ

  僕が死ぬことに
  後悔はないよ 迷いもない。

  ただ・・・ 少しだけ、怖いけど 」


私は思わず、彼に抱きつきました
触れないけれど、この人がとても愛しい
こみ上げてくる暖かい感情は
私をコントロールできなかった

大丈夫、私がいるじゃない。
ほら貴方の隣にいる。
私に気付いて?背中に手を回して?
今すぐ会いたいわ。貴方に触れたい
今になって 貴方との記憶が
全部全部よみがえってくるのよ?

暖かい感情とともに
形のない自分に悲しみを抱き、
頬に涙が伝った

しかし身体は待ってくれない。
どんどん体は軽くなってゆき、
宙に浮いてゆく

もう少し、もう少しだけ・・・

私は彼に最後の言葉を残しました


『 思い出して... 私の言葉を
  そうすれば すぐに会えるから・・・ 』




***





彼は今 最期の瞬間
震える心身と引き換えに
思い出します 彼女の言葉を
今 今...





祝福の鐘がこの町に響き渡り、
彼は息を飲みます

彼にもう残すものはありません
最期に、彼女の言葉を思い出すことができたから


飲んだ息を吐き、笑って 彼はこういいました。



「  今、 会いにいく  」

はじめまして 阿久津さくらと申します。

基本テキストの作成が多いです。
歌詞か小説のどちらかをよくします・・・
観覧していただけると幸いです。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/26

もっと見る

▲TOP