うまれかわり

投稿日:2017/12/27 19:00:17 | 文字数:543文字 | 閲覧数:37 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

よろしくお願いします。使用はご自由に。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

抱え込んだ君の夢 押し並べて妄想と知れ
悶々と後悔の隙間、存在を消去したい症状

取り違えたその声を 頭の中味わって蕩けていく
爛々と血走った目、崩壊で消え去らない恋慕

寂しいんだ君の殻を 抱き締めて妄執の果て
掴みかけた幸せを 手放した ら?

欲望に染まり切った目を
薄氷を砕くようにさぁ

どうか敢えて会って去って切って取っ払って
君の愛も憎も酸も甘いも泣いていたいも
噛んで待ってダメってだって止まれなくて
君の躁も鬱も脳もなんもかもを 愛しているんだ

混じり合った思い出も過ぎ去ったあの日々も
残念と蒙昧の狭間、ぞんざいに扱われた愛情

切り開いた君の中の 赤い色を舐めとってトんでいく
慎重に君を集めて 詰め込んだ白い箱

それで貴方は満足ですか?
愛されたと笑って死ねますか?
それで貴方は幸せですか?
赤い赤いお前の色

どうか敢えて会って去って切って取っ払って
君の愛も憎も酸いも甘いも泣いていたいも
中身なんてどこにも無いな、それはきっとただの空き箱
もっかい!抱いて泣いて悔いて吐いて目を開いて
君の何も何も何も何もない亡骸
ちょっと待ってそんなのって聞いてないって
君の笑顔言葉態度そのすべてを 愛していたんだ…!
愛していたいんだ…!
会いに行きたいんだ!

この作品URLを含むツイート1

オススメ作品10/25

もっと見る

▲TOP