【ボカロオリジナル曲】『アルカディア』【EDMコンピ】

投稿日:2015/09/28 09:14:08 | 文字数:828文字 | 閲覧数:77 | カテゴリ:歌詞

ライセンス: この作品にはライセンスが付与されていません。この作品を複製・頒布したいときは、作者に連絡して許諾を得て下さい。

2015年~
9月25日(金)-「booth/bandcamp/Baidu」にて公開
<CyberAge'sStep - CocktailShower & Shotgun>
『06. アルカディア』
Mimosine(熱平衡P) feat.YOHIOLOID,巡音ルカV4X
http://ch.nicovideo.jp/star_ac_jp/blomaga/ar824036

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

『アルカディア』

喉笛を苛立った爪先が掻き毟る
傷口から噴き出した声をさあ浴びて

繰り返して 振り返って
やり直して 塗り潰す

そうやって色褪せた時間を取り戻せ

「"在りもしない理想郷"へ」

辿り着こうと必死になって藻掻くほど
傷口はまた開いて喉が渇くよ

其の楽園に僕は望まれないまま
遠くへ旅立って道を踏み外してしまう

だから思い出の蜃気楼が
四十万里の向こうに
輝かしい日々にはもう君は戻れないの

ぜんぶ塗り潰そう
渇色の肌が開く
僕の彩色を取り返して

荒れた筆先 汚れた絵具
手に取って 掻き集めて

答えに辿り着けない線は消した
限られた余白を削って

「理想」の場所
「理想」の自分
「理想」の色彩...etc

"Drow" down me "Draw" dawn sky
(雨が降り注ぐ 夜明けの空を描く)
"Drown" only way to other world
(分かれ道さえも掻き消して)

渇望の侭に 繰り返して
そして 辿り着いた

幾千の夢は
辿り着かない遭難船
遥か頂上には砂粒ほどの挑戦者

渇いた涙の無数の輝きと
星の数ほどに実らない種を
荒野に咲く花は枯れる迄もなく散る

踏み出した
君の航海線上は
旅路の果てに座礁した浮浪者

「"楽園"なんて何処にも無かったんだ」

最期の鳥の知らせも息絶えた
そして僕は疲れた帆を降ろすんだ
悪い言伝が届かなくて良かったって

「遥か遠くへ 先へ行け」

君は光の見える明るい方へと
僕は何をしても許される居場所へ
どちらの道も世界も消えたんだよ

旅の果てに見つけた夢の残骸は
自分一人分だけの無法地帯で
それは悲しいくらいに暗い色をしていた
だから僕は幻滅して笑ってしまった

「さらば"理想の世界"よ」

そうだ君は明るい道を目指して摩れ違う
それなら二度と出逢うことすら叶わないだろう
そうして互いに待ち合わせの約束を
正反対のコンパスを目印にして

ニコラップ素材販売の為の歌い手募集中(2018春M3)

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/23

もっと見る

▲TOP