ワンルーム / vflower

投稿日:2017/06/04 21:51:56 | 文字数:552文字 | 閲覧数:67 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

棄てるなら最初から優しくしないでほしかった。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

ぎらつかせたその瞳で僕を貫いてくれ
黒いしずくが滴る粗末なこの心臓を

見えもしないものに消える排他二酸化炭素
説教と劣等、君の説法
がらりがら
蝕んだ

溺れそうなほどの白をね、独り占めしたくて。
もう涎を垂らしている

「本当に躾の成ってない」とあなたは嬉しそうに


ぼくのうしろをみてた。


あなたの顔も身体も全部飲み干せば、融け合い
きっとそれは「形のない愛」とかいうやつになる!

醒めきった部屋の中でまだあなたの熱を探しても
あなたがいないことは
わかってはいるのだけど……。



僕は馬鹿みたいにね、ベランダをのぞいてみた
今ならこの高さを飛べるような気がしたんだ。

その真綿みたいな優しさで
この首を締め上げたなら
さて、どこへ逝こう?

さよならさんかく、またきてしかく。

ぐらぐら風に揺れて今にも消えそうだね(笑)


あなたの顔も身体も全部飲み干せば、融け合い
きっとそれは「形のない愛」とかいうやつになる!

醒めきった部屋の中でまだあなたの熱を探しても
あなたがいないことは
わかってはいるのだけど……。

雲の切れ間から覗くあなたとの思い出は怖いほど
綺麗なものしかなくて吐きそうだよ

ガラクタの指輪と苦し紛れの花束は
僕とあなたがまた逢うことを許しはしないのだ。

サムネ…とねり様

*

自主制作CD→https://booth.pm/ja/items/432203

*

7のコンビニに出没します。
最近寝つきが悪くて困る。



猫背が治らない。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • ワンルーム / vflower

    by M-8gさん

オススメ作品10/19

もっと見る

▲TOP