玩具屋カイくんの販売日誌(142) オマケ・バッグの新製品

投稿日:2012/02/26 22:23:22 | 文字数:958文字 | 閲覧数:63 | カテゴリ:小説

ライセンス:

いろいろ問題のあったそっくり商品の騒動は、どうやらおさまりそうです。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

「あれ?これ、宝マガジンの新製品?」
レンくんは、かわいい猫の柄のバッグを手にとった。

「この間まで、天使の柄のバッグだったけどね」
「そうね」
りりィさんは、うなずく。

彼女のお店「上海屋」に、きょうは、レンくんとゆくりさんが訪れている。
ちょっとうす暗い空間に、いろんなフシギな雑貨が並んでいる。

店の入り口の横には、新しく入荷した雑誌が置いてある。
雑誌のオマケは小さなトートバッグ。レンくんが手にとっているのは、それだ。


「こないだ、このバッグの作者の、霧雨さんと話をしたらね、」
りりィさんは言った。
「もう、マネッコをするのは止めたそうよ」


●デザイナーのインタビュー記事

「あらー、やっぱり、マネッコだったのー」
ゆくりさんが目を見張った。

りりィさんは続ける。
「そのとき、彼女から聞いたけど、この雑誌を出してる宝マガジンにね、彼女のお友だちの女の人が、バイトをしていたらしいの」

「ああ、この間、このお店に2人で来た人ねー」
ゆくりさんは言った。

「その出版社で、デザイナーにインタビューした記事があるんだけど…」
りりィさんは、カウンターの横のラックから、雑誌を取り出した。

「これだけど。ルカさんのところの“メグ・ハミング”の作者のデザイナーの記事ね。そのとき、これからの作品について、いろいろしゃべってたらしいの。オフレコでね」
「オフレコ?」
レンくんは聞いた。

「記事にしない、ウラ話のことよー」
ゆくりさんは言った。


●自分が作って出しちゃえ

「そうか。じゃ、霧雨さんはその友だちから、“メグ・ハミング”の新作のネタを聞いたのかもしれないね」
「そうみたいね」
レンくんの推測に、りりィさんはうなずいた。
「それなら、似たものが作れるわけねー」
ゆくりさんは言った。

「似たものを、自分が先に作って出しちゃえば、ルカさんとこの新製品の、売れ行きが鈍る…。あの人は、そう思ったんだね」
レンくんは、うなずいた。
「そうね。それは、彼女がファンであるテトさんを応援したいという、気持ちからだと思うけれど」

「そうなのー」
ゆくりさんは言ったが、首をかしげた。

「でも、りりィさんは、霧雨さんのその想いを、どこで見抜いたのー?」(・_・)......?

雑貨の仕事をしてます。
キャラクター雑貨がらみで、キャラクターも好きです。

音楽も好きですが、好きな曲の初音ミクバージョンを聴いて感心!
ボーカロイドを聴くようになりました。

機会があれば、いろいろ投稿したいと思ってます。
宜しくお願いします。

twitter http://twitter.com/tamaonion

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/28

もっと見る

▲TOP