MASK SQUARE

投稿日:2020/08/02 01:55:53 | 文字数:488文字 | 閲覧数:(計測中) | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

与えられた権利がローソクの火のように一つづつ消えていく
一つづつ
君を縛る自由から開放されるんだ
けど君は君でなくなってしまうだろう
形を変えながら 王様はそこに居座っている
どんな態度でいたとしても
全て看破されてしまう
水面下ではみんな藻掻いているんだ
けど例外というものは存在しているよ
ウォール・ペイントに紛れて隠れている
どんなに手を伸ばしても
届かない場所にあるんだ
見ることはできても
嘲笑することしかできない
彼等の銃弾が君達に届いても
それに気付くことさえできない
ないだろう

シャットダウン 地下シェルター
退行するシナプスの末端から
シンギュラリティに希望的観測が群がって
君には何もないけど
僕には何かがあるんだ
世界を正しく導ける
君を支配できる何かがね

氷河期が来たんだよ
それもどうしようもないほどの
僕達は顔を隠してポーカーをしている
チャイナ・タウンと取り引きをしている
ダウトだ 君は疑わしい
疑わしい 隣人を疑うんだ
金庫を開けたいんだ
奴等の口に大義を詰め込んで
ゲームに勝つために
この取引が終わる頃には
全てが終わっているからね

(プロフィールはありません)

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP