暗庭に咲く向日葵【作曲:ハニカムさん】

投稿日:2013/07/09 05:09:22 | 文字数:395文字 | 閲覧数:278 | カテゴリ:歌詞 | 全11バージョン

ライセンス:

ハニカムさんの曲に歌詞をつけさせて頂きましたw
曲を聴いてほぼ即興に近いものがあり、多少修正されていくかもしれないです。

http://piapro.jp/content/imd6mmciv8w3nbws

2/21 ニコニコにあげてもらいました。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm6217829

大きな夢を掲げて辿り着いた街、東京。
何もかも喰らう現実に牙を削がれた獣は
大人しい生活をせざるをえなかった。

このままやっていけるのか?
どうすればいいのか?
不安や孤独で磨いだ夢は輝きを失い
いつしか雑踏に揉まれ消えていった。

でも、ある時思い止まってみた。
これでいいのか?このままでいいのか?

そんな葛藤を描いた詞になっておりますw

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

深き闇の中に埋もれたあの輝き
孤独や不安で磨(と)いだ夢は曇天(どんてん)を裂けず

矛盾だらけの手足 心を閉ざして
嘘で固めた道は 光に掻き消されてく

右に倣(なら)えで右に倣う 意志は頷くか?
銃口は頭に突き付けるな 己(おの)が信ずる旗を撃て

深き闇の中に埋もれたあの輝き
孤独や不安で磨(と)いだ夢は曇天を裂けず

雑踏に揉まれてく 小さな遠吠え
誰の耳も擦(す)り抜け 両肩抱き震えてた

涙に残る幼き日の面影は胸を
壊すように襲いかかった 戻れない現実(いま)よ消えて

この街の温度で凍った時は砕けて
涙を瞼で塞(ふさ)ぐ夢は光を浴びれず…

「…唇を噛み締める …後悔の念がある」
"それなら何故涙を 虹に変えないのか"

深き闇の中に埋もれたあの輝き
涙を拭(ふ)いて描(えが)いた虹は曇天を裂く

果てしなく伸びる青に翼を広げて
新たな歩みを止める壁は何処にも無い空

※作詞をしております。すいといいます。
 基本的には歌詞募集の作品に応募しています。

※作詞の依頼、コラボ大歓迎です。
 詞先、曲先問わずお気軽にメッセージください。

※曲募集中の作品について
 ↓こちらにまとめました↓
http://piapro.jp/collabo/?view=collabo&id=21728

Twitter
https://twitter.com/sr_0722
関わったもの
http://www.nicovideo.jp/mylist/12847334

もっと見る

作品へのコメント3

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP