わたがし

投稿日:2017/06/11 07:21:15 | 文字数:585文字 | 閲覧数:295 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

‐恋心はわたがしのようにふわふわと‐

最近暑いので最速で夏を先取りしました。
見て頂けると嬉しいです。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

【イントロ】
ふわふわ ふわふわ
舞い上がる私の恋心
ふわふわ ふわふわ
わたがしのように膨らんだ

【Aメロ】
少し早い18(ろく)時前
慣れない浴衣がむずがゆい
手を振りつつ駆けて来る
笑顔に手を振り返した

【Bメロ】
紅く大人ぶる薄化粧
君は笑いかけ見つめながら
「浴衣も化粧も似合ってる」
そう言いながらこの手握り
祭り囃子を歩いてく

【サビ】
ふわふわ ふわふわ
舞い上がる私の恋心
ふわふわ ふわふわ
わたがしのように膨らんだ
夜店の明かりがキラキラと
二人の恋を表すようで

【Aメロ2】
ふわり大きいわたがしを
慣れない手つきで食べていく
髭のように飾られた
二人の口を笑い合った

【Bメロ2】
淡く弾んでくこの胸は
君の事だけを詰め込んでる
「笑顔がやっぱり可愛いね」
不意に胸をつく甘い言葉
祭り囃子が響き渡る

【サビ2】
ふわふわ ふわふわ
舞い上がる私の恋心
ふわふわ ふわふわ
わたがしのように甘くなる
太鼓の音色がドンドンと
私の胸と混ざり合ってく

【ラストサビ】
ふわふわ ふわふわ
舞い上がる私の恋心
ふわふわ ふわふわ
わたがしのように膨らんだ
夜店の明かりがキラキラと
二人の恋を表すようで

ふわふわ ふわふわ
夢のような私の恋心
ふわふわ ふわふわ
わたがしのように回ってく
夜空の花火がパラパラと
二人の真夏を彩ってく

Baron(バロン)と申します。
日々の生活で感じた事、触れたことを
詞にするのが好きです。

ゆっくりのんびり活動していきますので、
作品を見て頂けたら嬉しいです。
感想・要望なども気軽にお寄せください。
よろしくお願いいたします♪

曲募集中の詞は作曲者様募集中です。
命を吹き込んでやってください(笑)

もっと見る

作品へのコメント2

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • userIcon

    使わせてもらいました

    わたがし公開しました!
    http://www.nicovideo.jp/watch/sm31734810

    2017/08/12 20:02:48 From  2℃

  • userIcon

    ご意見・感想

    凄く良い歌詞ですね!
    こちらも曲を付けさせていただいてもよろしいですか?

    2017/06/10 22:34:06 From  2℃

▲TOP