玩具屋カイくんの販売日誌 (73) コラボ・グッズを企業と

投稿日:2010/09/04 13:25:20 | 文字数:1,151文字 | 閲覧数:59 | カテゴリ:小説

ライセンス:

手作りグッズもいいけど、企業とコラボすると、多くの人に見てもらえるという、利点がありますね。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

「やっぱり、テトさんの作るアクセサリーは、かわいいわあ。ほれぼれするわ」
木製のアクセサリーを手にしたマコさんは、言った。
彼女は、夢中になると思わず、関西弁が出てしまうのだ。

ここは、東京ビッグサイトで開かれている、仕入れの見本市「フェイム・オブ・グッズ」(グッズの殿堂)。
マコさんがいるのは、「またたき」という会社のブースだ。
大勢のバイヤー(商品を買い付ける人)で、大賑わいだ。

「ふー。目が回りそうだよ」
商品の説明をひと区切りして、テトさんがブースの外に出てきた。
彼女が、「またたき」とコラボした商品が、すごく好評なのだ。


●企業にアプローチしてみよう!

「テトさん、よかったですね。アイテムが好評で」
「ありがとう」
テトさんは、マコさんといっしょに、ちょっとホールを抜けだし、となりのホールに向かった。

2人が着いたは、マコさんの相棒のルナさんがいる「クリエイター・ゾーン」。
「はじめまして。私も『またたき』のアクセサリー見ました。すごく素敵です」
ルナさんは、マコさんに紹介されたテトさんに挨拶する。

「ねえ、ウチとこも、『またたき』とテトさんみたいに、企業とコラボしたいね」
マコさんが、相棒のルナさんに話しかける。
「そうねえ、どこかにアプローチしてみようか」
ルナさんは考え込んだ。


●アクセ、トートバッグ、マグ。コラボいろいろ

「ね、テトさん。企業とコラボしてる雑貨って、どんなのがありますか?」
「そうですね...」
マコさんの問いに、テトさんは答えた。
「私のアクセサリーは、『またたき』と、トーイパーク、そしてナチュラル・ハウスとやってます。
それから、トートバッグとかは、デフォ子ちゃんが“クロミク”シリーズでやってますね」

「そうそう、思い出しました」
マコさんは言った。
「カフェ・つんでれのみんなの描いたイラストや写真で、『けん・わか堂』という会社が、マグカップや小物を作りたい、って言ってきたんですって」


●お部屋にとけこむアイテム

ルナさんは言った。
「うちのとこは、ファッション・デザインだから、何か、“布”を使った雑貨のアイデアがいいかな?」

マコさんはひらめいた。
「そや!“保護色アパレル”ちうの、どうやろ?」
「なに、それ?」
「忍者の、“隠れみの”がヒントや」

忍者グッズが好きな、マコさんは得意気に説明する。
「部屋のインテリアと、同じ柄で。これを着れば、部屋のどこにいても、ぜったいにわかりません」
「へぇ、オモシロイわ~」
ルナさんもうなずいた。

「それ、ぜひ商品化してくださいな」
テトさんは言った。
「うちの事務所で、アニキのテッドに着せたいな。ときどき、消えていただきたいんです」( ̄w ̄) ぷっ

雑貨の仕事をしてます。
キャラクター雑貨がらみで、キャラクターも好きです。

音楽も好きですが、好きな曲の初音ミクバージョンを聴いて感心!
ボーカロイドを聴くようになりました。

機会があれば、いろいろ投稿したいと思ってます。
宜しくお願いします。

twitter http://twitter.com/tamaonion

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/29

もっと見る

▲TOP