投稿日:2014/11/28 18:08:27 | 文字数:287文字 | 閲覧数:62 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

平安時代の女性に焦点をあてました
一夫多妻制の時代の切ない歌詞です

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

お気をつけて 香を焚きしめた
君の心はもう…
行かないでって 言えたら私
悪い姫でもいい

去りゆく君の背が 見えなくなるまで
涙流す こともできないから

紅を幾重にも重ねた 
余計な言の葉がこぼれぬよう
その手で 抱きしめ口づけるのでしょ
きっと私にそうするように
まだ 夜は明けぬ

四季と人の心は殊に
うつろいやすいという
美しい着物も 凝った文(ふみ)もいらない
待つだけの時
もう疲れたの

重ねた紅を取り去って 
素直になれる 世が来るように…

紅を幾重にも重ねた 
余計な言の葉がこぼれぬよう
その手が 抱きしめ口づけるのでしょ
きっと誰かにそうするように

(プロフィールはありません)

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/26

もっと見る

▲TOP