ツララ

投稿日:2019/02/24 22:46:26 | タイム/サイズ:04:22/(10,226KB) | 閲覧数:144 | カテゴリ:ボカロ楽曲

ライセンス:

作詞:490 作曲/編曲:6号車 朗読:あおい

カード
イラスト1

+ 追加

illustration by すいぎん糖@女将Pさん

PLAY

今日の眠りも浅くて
夢も目覚めたら忘れて
呼吸さえ止まりそうに
あくびをする

ここから飛び降りれたら
鍵のかかった屋上の扉に
手をかけてみたの

僕に突き刺さる青の氷柱が
君の光と乱反射をおこして
眩い明日を 不確かに 描いていた

呑み込まれるような
誰かへの期待、とぬるくなった炭酸の
汚れた二酸化炭素 僕に焼けついた

『僕の存在がいつか誰かに気づいてもらえるまで』

僕に突き刺さる青の氷柱が
君の言葉を追いかけては融ける
虚像と夢の あの日の呼吸 忘れていく

嫌いになった
好きになった
愛していた 愛されていた
不安になった 嘘まで吐いて

『君の声と髪と笑顔と仕草、存在さえも消せるまで』

僕に突き刺さる青の氷柱が
君の瞳と乱反射をおこして
眩い未来を 曖昧に

僕に突き刺さる青の氷柱が
君にもいつか理解るだろう
痛みさえも 哀しみも 傷痕に変わるよ

世界と空想が乱反射する
眩い僕らを 分解させて さらっていく

もっとみるLyrics by 490さん

作品へのコメント1

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • userIcon

    ご意見・感想

    ベースとセリフが気に入りました。

    2019/02/24 23:06:18 From  takanekobe

  • userIcon

    メッセージのお返し

    ありがとうございます。実験作です。

    2019/02/25 00:26:04 6号車

▲TOP