硝子のメリーゴーランド

投稿日:2013/05/07 00:12:59 | 文字数:341文字 | 閲覧数:160 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

疾走感たっぷりに、ねぎ・とろ・ROX!(言ってみたかった)

へちこPさんとタッグを組んでDIVA曲に応募する作戦用に制作しました。
悩みを抱えた乙女の浅い眠り、夜の夢から目覚めまで。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

賑やかしの調べ
宵闇削り灯る 無間の夢

廻り廻る意識
眩み閉ざす瞼の裏
揺れる輪舞[ロンド]

柵[しがらみ]の中 堂々巡りの
現実からふと 目を逸らして
真夜中を游[およ]ぎ続ける 迷い子

崩れ落ちる 硝子のメリーゴーランド
散りながら胸を突き刺し
声なき嗚咽の様な
叫びを空に還す 朝焼

東日に積もる瓦礫の果て
私は唯、一人踊る
靴底 赤く赤く染めゆく舞踏 
誰も知らない唄を
  
光さす玻璃の欠片
虹の輝き 誘われ
伸ばす指 伸びゆく傷
滴る赤は 幻

硝子のメリーゴーランド
夢に描いていた楽園
心はまだ置き去りの
「私」は今、何処に居るのだろう

零れ落ちる 夢の欠片 霞みゆく

左掌に残る 伝う赤い線の記憶
廻り続けた、揺れていた
もう動かないメリーゴーランド

ごくまれに唄を作ります。
目玉は「和ルツ」と「架空の懐メロ」です。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • ピアノと初音ミク

    by へちこさん

オススメ作品10/31

もっと見る

▲TOP