【小説】サーチライト 11

投稿日:2010/01/18 19:50:13 | 文字数:1,525文字 | 閲覧数:90 | カテゴリ:小説

ライセンス:

次回の後日談で終了。はい、二重人格でした。でも、あんまり細かいことは気にしちゃダメですよ、きりがないので。所詮ファンタジー。
あ、今さらながら言っておきます。私にハッピーエンドは期待しても無駄なのです。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

 気がつけば、誰かの腕の中にいた。朦朧とする意識の中、最初に見えたのは、金色の髪と白い肌。

「リン……?」

 また彼女に助けられたのだろうか。ぼんやりと、歌うことも忘れてその顔を見ていると、金髪の少女は、そっとミクの頬に口づけを落とした。

「うん」

 悲しいほど優しい声が、耳に響く。
 急に意識が鮮明になり、魔力と体力が一瞬で頬から全身へ広がっていく。
 驚いて飛び起きると、目の前に優しく微笑むリンがいた。リボンをはずしてはいるけれど、紛れもなくリンの姿。自分を抱きしめている細い腕も、隣に見える華奢な肩も、多少筋肉質ではあるけれど、間違いなく女の子のもの。ほんのわずかな胸のふくらみさえ感じる。
 だけど、その柔らかく包み込む微笑みと声は、泣きたくなるほど懐かしい。

「男じゃなくて、ごめんね」

「レ、ン……」

 分かってしまった。
 彼女が、彼だったのだ。彼女の中に、彼がいた。
 やっと会えた喜びと、どうしようもない絶望。たとえ人格が違おうとも、その身体は少女の、リンのもの。子を成せない、性別が人間ほどは恋愛の障壁にならない種族でも、この恋が実ることは最初からなかったのだ。

 涙を振り払い、立ち上がる。こんなことをしている場合ではない。歌わなければ。
 結界を見ると、今にも消えそうになっていたその光は、いつの間にかまばゆいばかりに輝いていた。

「これが、貴方の力なの……?」

 彼が力を使っているところを見た者は、長い歴史の中で一人もいないという。その理由を、理解した。
 彼の力は、自ら奇跡を起こすことではなく、「起こさせる」こと。自らの魔力を、他の「魔族」に分け与えること。
 だから、彼はかつて、ミクに言ったのだ。君が望むなら、と。
 彼自身の望みは、何一つとして叶うことなく。

 しかし何故、とミクは不思議に思ってしまう。これほどの力があって、何故革命は失敗したのだろう、と。

「そう、僕は他人に力を分け与えることが出来る。でも、あの子は――リンはずっと、死に場所を探して彷徨っていた。だから僕も、ほとんど力を使えずにいた」

 リンの笑顔を思い出す。死に場所を探して。あまりにも違うイメージに、理解が追い付かない。
 だけど、レンのこの力を見れば、そしてリンがその身体のオリジナルであるならば、悲惨な人生を送ってきたのであろうことは想像できる。

「リンは、君と出逢って、今やっと、生きようとしてくれてる。……感謝してる」

 少女の小さな手が、ミクの頬に触れる。かつては大きく感じたはずの、白い手。
 力が共鳴して脈動するのを感じた。最初に、窓越しに感じた震え。あの中に、この脈動があったのかもしれない。

「リンは、記憶と一緒に、魔力の使い方も、全部僕に渡してしまったから……」

 ミクは、喉の奥からこみあげてくる、熱いものを感じた。これまで感じたこともないもの。歌の力。

「……最後に出て来たのが、僕の方で、ごめん」

 -----

 やがて、夜が来て、朝日が昇る。

「軍人たちは、全員眠ってた」

 結界の外の様子を見て来たルカは、物見台の下、紅い日差しに照らされた二人の少女の姿を見つけた。
 世界中に響き渡る、少女の歌声。澄み渡る空を駆け抜ける音色。少女の身体も、朝日の中で自ら光輝いているかのように見えた。

「ミク……?」

 ルカの声が聞こえていないのか、ミクはひたすら歌い続ける。ルカは、その腕の中に目をやり、目を見開いた。
 ミクにしっかりと抱き寄せられた、金髪の少女の姿。どこか中性的な印象の、幼い子ども。彼女は、淡く輝いて。

 ――その瞳は、かたく閉ざされていた。

とりあえずいろんなことに手を出しまくってる鏡音廃です。巡音も買ったようです。

マイリス→http://www.nicovideo.jp/mylist/18736642

オリジナル曲の二次創作・派生作品等は、ボカロやPIAPROの規約の範囲内でご自由にどうぞー。

小説の更新が滞ってますが、プロットはちゃんと出来てますよ><

http://hozue.blog-fps.com/

http://sns.cv02.net/?m=pc&a=page_f_home&target_c_member_id=2229
http://v-nyappon.net/?m=pc&a=page_f_home&target_c_member_id=12234

-----

2010/2/17 追記
HNを秋穂(あきほ)から穂末(ほずえ)に変更しました!

2010/7/18 追記
ニコ公開三曲目となる「水鏡プリテンス」で、P名を頂いてしまいました(ありがとうございますっ)。

-----

一応、お仕事やコラボのことに関して書いておきますね。以下の文章は、状況によってコロコロ変わります。

現在、曲・絵の新規依頼は受け付けておりません。交流のある方(複数回のメッセージ交換が目安)からの依頼ならば検討しますのでご一報お願いします。
作詞ならば依頼を受け付けられますが、依頼理由はきちんとお書きください。

一つの作品を仕上げるまで根気強く手伝ってくださる(ここ重要)絵師さん、動画師さんは常に募集しています。
また、作品ごとにイラスト募集を(突発的・〆切あり)することがあります。

コラボはお互いに本気じゃないと自然消滅するだけですので、やるなら本気でやりましょう。一報したうえでの延期・降板は受け付けますので。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/26

もっと見る

▲TOP