アエテルナエの夢

投稿日:2014/02/21 09:54:02 | 文字数:594文字 | 閲覧数:138 | カテゴリ:歌詞 | 全3バージョン

ライセンス:

なんかもう難しかったよーい・・・
エルフ=不死みたいな
人間を愛したけど人間は死んじゃった、みたいなどこにでもある話です

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

A1

夜色に輝いた
雨の橋に 何が見える
霧深く 灯は
白く光る ドアが一つ

B1
嘆きと悲しみ朽ちて 暖かな夢を運ぶ 

A2
雪兎鳴いていた 冷えた風に 口づけして
二人微睡んでいた  舞い上がった 真昼の蝶

B2
果てしなく遠く巡る 蘇る過去の調べ

妖しく満ち欠けぬ月が落ちたら
秘密を抱いた二人を隠して

C1
まだ咲いたことのない未来 記憶の花びらそっとしまう時  
叶うはずのない永遠 瞳閉じるまで
この手と今はぐれたら また闇の香る谷の底まで
たちこめる霧と孤独に 囚われて眠る

途切れた 音色に 誓いを 重ねて
瞬く 光に 願いを 捧げて

A3

金色の宝石は 罪の色で 染まってゆく
追い縋る季節から 逃げることも 超えることも…

D
伸ばしかけた手を 君の横顔を
守れず何を守るの 苦しみは果てしなく

誰かを信じる そんな喜びを
伝えに生まれたんだね 
儚さ抱えながら

B3
静かに辿る螺旋 歪んだ焔の想い

言葉にして消えてゆく意味たちは
孤独を抱いた二人を映して

C2
まだ咲いたことのない未来 記憶の花びらそっとしまう時
錆びついて揺れる扉が 目覚めるときまで

色褪せた日差しのように 失い続けるモノを愛して
いつか見た夢の続きは 囚われて眠る
君はそこにいる


フィダリア フィダリア 心を 霞めて
トゥリエラ トゥリエラ 光は 微笑む

(プロフィールはありません)

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP