浴葬

投稿日:2010/11/08 00:16:32 | 文字数:269文字 | 閲覧数:263 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

しん。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

洗剤の蒸せる匂い
心臓を詰まらせる

なまぬるく滴るのは
日付の無い追憶

ブレーカーの腐った跡
だけ見つめて
もう痛いことなんて
なにもない

からっぽのお腹から
しんでく
ありったけの最後
きみに見せつけて

真っ白に縁取られ
しんでく
肢体はひとつだけ
それでかまわない


感覚が滑り落ちて
タイルに張り付いてる

傷が剥がれればきっと
それも流れるから


天井に12本の指
つめたい骨を
飾る


からっぽのお腹から
しんでく
ありったけの最後
きみに見せつけて

鏡に映るきみが
しんでく
肢体はひとつだけ
それがホントウだ

だらっとやってます。
サイトメインに移行気味。
名前を灯下箱、に変えました。

置いてある歌詞はNNI、ボカロ、ウタウ、営利じゃない限りはどれでもお好きにお使いくださいー。報告くだされば媒体自体はなんも気にしません。

http://www.nicovideo.jp/mylist/8748983
http://idea.futene.net/

もっと見る

この作品URLを含むツイート1

▲TOP