呆れられた日

投稿日:2010/09/07 05:23:13 | 文字数:1,114文字 | 閲覧数:12 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

顔色うかがってるのか
もう全部あきちゃったのか
幸せの形が
あまりにも有り触れているのさ
だから少しずつずれていく理想も
間違いじゃないんだ

美意識や価値観が
差別を産んだのだとしても
調和を乱す事が革命だとしても
見てるだけなら何とでも言えるだろう
僕は当事者で
いつも誰かがそばに居た
失いたくなくて
それを友達と呼んだ

社会に出れば
みんな競い合うみたいだ
そんな事こどもの頃から教わってきた事だけど
僕が満足していても
誰かがまた飢えた目をしていて
関係ない事をやたらと
誰かのせいにする
こんな場所では落ち着いていられない
素直な心だけでいいから
陰口を吹き込むな
完璧な人って
ただの機械じゃないさ

人類が滅んだら
地球は若返るか
人間味に溢れていたら
野生だって守ろうとするだろう

自分がよければ
周りはどうでもいいのか
支えてくれた人たちに
恩返しもできなくて

苛立ちや不満を
抱えたまんまで
その矛先が捻じれて
答えを隠して生きる
狡さと優しさの
価値が置き換わっているよ
気付かない内に
魂が枯れ果てるのか

寂しくなるばかりさ
演技じみた身振り手振りで
前置きに捕らわれて
肩書に縛られて
あなたの幸せはどこ

散らかっちゃった部屋
びっしり埋まってる予定表
あどけないままの
僕は希望だけなくしたが
ひとりひとりを尊重してるよ
お前もそうなんだろ
全員は守れなくても

本当はダメな自分に
酔いしれる人なんか居ない
寂しさを伝えられずに
泣いてる人なら幾らでもいるけど

自分の事すら
ままならずに
責任や義務感に押しつぶされそうな日々の中
疲れた心を癒す風
もっと好きに生きよう
大切な人は減らない

わがままや甘えに応じれない事もあるし
次に会う日には償おうと思っていてもめんどくさく思えてくる
一人で取り残されたとか裏切ったとか言われても
悪態も吐けずに凹んでしまうだけのヘタレです

きっと自分のされちゃった事は気付かない内にしてきた事だろうな
ポジティブだけで乗り切れるものばかりじゃないけど
リラックスして笑える穏やかな日々を望む心が
少年の日々を通じてこの血に流れてる

善くも悪くも今まで通りの延長線に
自分の知ってる自分が居るし悲劇のヒロインや喜劇の主人公になろうとも思わない
卒業したら旅行にでも行きたい

贔屓にされたとしても
後悔に変わるから
対等で居るのが
幸せなのさ
あの時の俺は駄目だったなとか
あの時めいわくかけちゃったかなんて
落ち込んだ時こそ
謝るんだけど
どうでもいいとかふざけんなとか
悲しくなるけど
みんな人間なんだね
まあいいかって笑っていたいな

作詞家
曲つけてくれる方、大歓迎ですよ。

投稿作品
パセリhttp://www.nicovideo.jp/watch/sm8204711
歩道橋http://www.nicovideo.jp/watch/sm8905617
人間と雑草の香りhttp://www.nicovideo.jp/watch/sm9207768

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/25

もっと見る

▲TOP