俺に弟ができました

投稿日:2010/05/15 19:28:57 | 文字数:682文字 | 閲覧数:489 | カテゴリ:小説

ライセンス: この作品にはライセンスが付与されていません。この作品を複製・頒布したいときは、作者に連絡して許諾を得て下さい。

がっかりKAITOとやさぐれがくぽ。
我が家のKAITOとがくぽは兄弟設定なのですがやっぱり最初はなんでがくぽが弟なんですか?!とか思っただろうなぁ、とか思いながら書いてみました。




全てのレンマスター様がショタ萌え属性と言っている訳ではありません。表現がアレですみません(>д<)

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

「KAITOー。」
パソコンをつけるなりマスターが俺を呼ぶ。
「はい、どうしましたか?マスター。」
俺が答えるとマスターはつい先日買ったばかりのDVDドライブを差し込んでディスクを読み込ませる。何もない空間に像が結ばれていく。
やがてそれは背の高い男になった。
「…誰ですか?」
「こいつ、KAITOの弟。」
へぇ、弟…………えええええ!?
前々からKAITOの弟を連れてくるよって言われてたからてっきりレンだとばっかり思ってたのに!そりゃ仲間が増えるのは嬉しいけど…
「マスター、マスター待ってマスター!この人俺よりでかい!」
紫色の長い髪を持つ男を指差し叫ぶとマスターはため息をついた。
「この人じゃなくてがくぽ。神威がくぽ。…兄ちゃんの方が背ぇ低い兄弟なんて山ほどいるだろうが…中●家とか。」
「う、でも、でも…!」
「我も納得いかぬ。どう見ても我が兄であろう?」
がくぽも俺の後に続いて反論する。…なんだか言い回しが気に食わないけど。
「だって発売日も家に来たのもがくぽの方が遅いしさぁ…まぁいいじゃん!はいこの話終わり!解散解散!!」
マスターは手を叩き強制的に話を終わらせどこかに行ってしまった。
…………がくぽは俺の隣で腕組みして釈然としない様子だ。当然だろう、俺も納得いかない。
ああ、マスターがショタ萌え属性だったらレンを買ったかもしれないのに。よそのKAITOみたいにレンと仲良く歌ったりできると思ったのに…………
そんな事を考えていたけど、いつまでもこうしているわけにはいかないので俺はがくぽを家(俺とがくぽの家になる)に連れていく事にした。

晴れてマスターの仲間入りを果たしました!でもDTMからっきしです。
猪のように勢いで行きたいと思います。皆様よろしくおねがいします!!
アイコン描いていただきました!!ピアプロにいらっしゃる絵師様、祥乃さんに描いていただきました!

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

もっと見る

▲TOP