月光抄【採用作品】

投稿日:2010/06/04 05:49:30 | 文字数:337文字 | 閲覧数:135 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

刻み込もうか、この愛を

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

宵の幕開けを 呼ぶ虎鶫(トラツグミ)
清閑震わせ 呼吸を惑わす
悪戯に嗤う 本音を秘めて
張り巡らされた罠に乗る

雲を逃れるように
部屋に降る月光が
紅知らぬ 眠る白磁の肌に
愛おしく描く 契りの紋章

注いであげましょう
官能の美酒を 今
満ちゆく唇が
露に染まるまで

酔いに侵されて 溶けてゆく箍(タガ)
誇示した理性は 熱に奪われる
背筋を彷徨う 吐息に触れて
残した最後の道を断つ

月が陰らぬように
切り開いた銀刃(ナイフ)が
終わりの見えぬ 快楽求める遊戯に
煌いてなぞる 好感症

咬ませてあげましょう
甘美の果実を 今
飽くなき食欲が
罪で埋まるまで

魅させてあげましょう
至上の夢幻を 今
差し出す駆け引きに
応じる程 焦がれてゆく
覚悟があるなら

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • 月光抄

    by さくらぎさん

オススメ作品10/23

もっと見る

▲TOP