其の戀、百花繚乱

投稿日:2013/04/26 23:44:43 | 文字数:1,147文字 | 閲覧数:75 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

<歌詞内容>
江戸時代の天女と謳われる程の美しい花魁の恋のお話。

お客として来る人に花魁としてでなく、
ひとりの娘として恋愛感情を抱いてしまい、
毎夜毎夜、来るのを待ちながら恋心を膨らませている。

※サビの花等の表現は、恋心が膨らむ様を花に例えてます。

<特殊な読みとか>
・天津乙女…天女のこと
・好々爺…こうこうや。優しいお爺さん、おじさんの意味。
     この歌詞では「お父さん」ですv
・戀…こい。昔の恋という字。
・少女…おとめ
・花×華…はなはな

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

A
天津乙女と 謳われる娘の
還らん訳も 全て皆 貴方
気高き心は いつしか薄れて
只の 一人の少女(おとめ)と成っていた

B
雅に着飾る 髪飾りよりも
貴方の 姿愛おしい

S
其の戀結ぶ 花×華 開く百花繚乱
醒めない心は 尚、乱れ咲く
千輪と成る 色取り取りの花化粧に
身を焦がし待つは 愛しき彼の人よ

A
帳の下りるまで 時長きかな
下町の灯りは まだ点々と
現る月は 寂し気な朧で
想い浮かべるは 二人の一夜

B
賑わい始める 提灯灯下に
貴方の 姿探してる

S
其の戀繋ぐ 花×華 開け百花繚乱
遊戯と知れども 尚、狂い咲く
いつか願えば 由々しき戀の花になると
来ない日も待つわ 触れない彼の人よ

C
懐かしむは 遠き日々の 好々爺の背
流る時は 変わるまでに 充分な様で
娘は今 還れません

S'
嗚呼、空燃ゆる 茜の如き心染まる
此程の人は もう出逢えません
只恋しくて 貴方添える華に成りたい
浮き世の蕾は 此処におります

S
其の戀結ぶ 花×華 開く百花繚乱
醒めない心は 尚、乱れ咲く
千輪と成る 色取り取りの花化粧に
身を委ねるのは 愛しき彼の人よ 共に――


~ひらがな~

A
あまつおとめと うたわれるむすめの
かえらんわけも すべてみな あなた
けだかきこころわ いつしかうすれて
ただの ひとりのおとめとなっていた

B
みやびにきかざる かみかざりよりも
あなたの すがたいとおしい

S
そのこいむすぶ はなはな ひらくひゃっかりょうらん
さめないこころわ なお みだれざく
せんりんとなる いろとりどりのはなげしょうに
みおこがしまつわ いとしきかのひとよ

A
とばりのおりるまで ときながきかな
したまちのともりわ まだてんてんと
あらあるつきわ さみしげなおぼろで
おもいうかべるわ ふたりのひとよ

B
にぎわいはじめる ちょうちんとうかに
あなたの すがたさがしてる

S
そのこいつなぐ はなはな ひらけひゃっかりょうらん
ゆうぎとしれども なお くるいざく
いつかねがえば ゆゆしきこいのはなになると
こないひもまつわ ふれないかのひとよ

C
なつかしむわ とおきひびの こうこうやのせ
ながるときわ かわるまでに じゅうぶんなようで
むすめわいま かえれません

S'
ああ そらもゆる あかねのごときこころそまる
これほどのひとわ もうであえません
ただこいしくて あなたそえるはなになりたい
うきよのつぼみわ ここにおります

S
そのこいむすぶ はなはな ひらくひゃっかりょうらん
さめないこころわ なお みだれざく
せんりんとなる いろとりどりのはなげしょうに
みおゆだねるのわ いとしきかのひとよ ともに

花陽と申します。
(†由良†から改名しました。)

ニコ動マイリス↓
http://www.nicovideo.jp/mylist/25064407

主にコラボと歌詞応募で活動中。
どんなジャンルの歌詞でも大体は対応できます。

作詞を始めて気付いた特徴。
和風とちょっと後ろ向き気味な歌詞を考えるのが好きらしい(¬з¬)♪

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP