【巡音ルカ】Faust Waltz

投稿日:2020/05/20 10:36:54 | 文字数:600文字 | 閲覧数:285 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

ボカロ6作目(2013年2月完成)

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

月明かりの下一人 羊皮紙の山に囲まれながら
眠れない届かない 我が無知を呪う

錬金術師の名を借りて 数多の命を葬ってきた
許されぬ消えはせぬ 我が罪を救ってくれ

人間(ひと)の欲満たせるなら神も悪魔も同じこと
甘んじて受けよう

契約は望みどおりに 血の一滴(ひとしずく)などくれてやる
天上の喜びよ いざ胸に湧き上がれ

閉ざされた世界に別れを告げて飛び立てる今
破滅も恐れまい

燃える愛の唱よ 永久(とわ)に鳴り響け 美しく
熱き若し夢よ せめて醒めるまで 感じていたい
この身 焦がして


Golden, Silbern, Zusammenkommen !
(金よ 銀よ 一つになれ!)
Die Sonne, Der Mond, Zusammenkommen !
(太陽よ 月よ 一つになれ!)


亡び甦りまた繰り返す哀れな我等に
母達の光を

燃える愛の唱よ 永久(とわ)に鳴り響け 美しく
熱き若し夢よ せめて枯れるまで 美しく
止まれ瞬間(とき)よ止まれ 君ぞ美しき 奉げよう今宵
全て 全てを


Golden, Silbern, Die Sonne, Der Mond, Sie Kann Nicht Zusammen !
(金も銀も 太陽も月も 一つになれぬ!)
Leben, Weltlich Und Geheimnisvoll !
(生命は 俗にして 神秘なるもの!)

歌詞置き場に使ってます。

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/32

もっと見る

▲TOP