空空

投稿日:2020/10/27 20:48:55 | 文字数:613文字 | 閲覧数:41 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

あーやだ 空白だらけの 手紙に映された 軽い言葉にさ  
もうやだ ただの紙切れにも コーヒーカップにも 僕はいないし

むなしく響く 僕のからから 鳴るだけの心

誰かの感情も ふさわしい言葉も もう分からないからだから
風に揺れる木々も 暗闇凪ぐ海も 淡く光る月も 星空も

流れる雲も 雨散る音も 愛も歌の君も 分からないよ

どうして それらしい言葉 並べたはずなのに 目が合わないのさ 
なんで 雨は降らないの キライさえも欲しいから 泥水すする

飢えて上見て 僕のからから 乾いた喉元

誰からの感情も ふさわしい言葉も ただただ欲しいから
風に揺れる木々も 暗闇凪ぐ海も 淡く光る月も 星空も

流れる雲も 雨散る音も 愛も歌の君も 全て乞うよ

人の言葉の上澄みを掬って カラを化かすことしかできないから
自分はないから どこにもないから
カラカラカラカラ カラカラカラカラだから

誰かの感情も ふさわしい言葉も もう分からないからだから
風に揺れる木々も 暗闇凪ぐ海も 淡く光る月も

誰からの感情も ふさわしい言葉も ただただ欲しいから
風に揺れる木々も 暗闇凪ぐ海も 淡く光る月もさあ

愛らしい思いも 溶け行く音楽も 文字にならないからだから 
僕を記す言葉 さえも知らないから もう分らないから 空だから

手紙の先を 甘い言葉を 誰かの愛を 僕の心を
見つけて助けて助けてよもう 分からないから

(プロフィールはありません)

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • 空空

    by 時効さん

オススメ作品10/27

もっと見る

▲TOP