記憶の中で

投稿日:2012/04/10 16:06:38 | 文字数:335文字 | 閲覧数:34 | カテゴリ:歌詞 | 全2バージョン

ライセンス:

詩.曲/星月

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

春が過ぎ去り
雨の匂いがして
変わる街並み
僕らもまた変わってゆく

あの頃のままいられたらなんて
今は遠く見える思い出たち

君と過ごした日々をこの胸に抱き
歩いてゆけるよきっとこの先もずっと
二つ並んだ影は記憶の中で
今も寄り添い歩く手を繋ぎながら
どこまでも

時は流れて
誰もが大人になり
逆らうこと出来ずに
この街に融けてゆく

あの頃が輝いて見えるのは
二人で笑い合えていたから

届くことない想いこの胸に抱き
探してしまうよいつも君の姿を
二つ並んだ影は記憶の中で
今も寄り添い歩く手を繋ぎながら
どこまでも

僕らが泣き笑いともに過ごした日々
いつまでも僕らのこの胸の奥で
輝き続けている明日を照らし
導いてくれるからきっとこの先もずっと

もう届かない

よろしくお願いします。

オリジナルなどはhttp://www.tinami.com/creator/profile/46371に上げています。

Twitter:https://twitter.com/hosizukuyozora5

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP