アポリア

投稿日:2013/11/29 21:02:08 | 文字数:333文字 | 閲覧数:84 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

宝を探そうよ この虚構の街で
忘れられたアポリア 私だけが知ってる
幸福にひれ伏し 記号として生きて
怪訝の渦動から 逃げ惑うのは嫌よ

やわらかな痛み抱えて
見上げれば

どこまでも続いてく 灰色の世界は
私たちのこと 蝕んでゆく
この手を掴んだら 離さないでよ?
いつまでも どこまでもずっと 一緒なんだから

あてどなく彷徨い 渇きは癒されず
愛という名の絶望を 大切に抱え込む

知るということさえも 許してくれないの
世界は無情に佇むだけで
何かに焦がれても別にいいじゃない
いつまでも どこまでも きっと 意味はないから

あなたと歩いてくこの道のりさえも
涙に揺られて滲んでいくの
この手の温もりと 想う心が
それだけが アポリアをそっと 包み込んでく

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • アポリア

    by あたわめさん

オススメ作品10/26

もっと見る

▲TOP