溺れる魚

投稿日:2015/10/21 22:56:08 | 文字数:557文字 | 閲覧数:414 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

「誰もいない教室、私は溺れる魚」

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

     溺れる魚
             詞曲かしこ。

青い放課後と サルトルの言葉
君の幻影 揺れる白昼夢
「ずっと友達だよ」ささやいてみた
「指切りげんまんだね」って
見えない小指結んだ

一心同体 泣いたり笑ったり
世界の隅で手を繋いでいた
どんな未来も 消えそうな現在も
"ふたりぼっち"は照らしてくれたの
誰もいない教室 私は「溺れる魚」

蒼い協奏曲 水溜りノイズ
濡れたスカート「今日も」汚れていく
ずっと許さないでよ 私のことを
「知っていたのにどうして?」って
後ろから首を絞めてよ

以心伝心 君の想いも涙声も
ほんとは全部 聞こえていたんだ
「一緒に帰ろう」って意味の裏側
気づかないふりをした 私は「青に溺れる」

屋上から見下ろした 泣き止まない街
君の名前を呼んだって こんな空へと叫んだって
きっとどこにも届かないわ もう届かないわ

小さな魚は流され
右へ左へゆらり揺られて
無重力に消えて往く夢は
冷たい水の中で凪を探す

一心同体 泣いたり笑ったり
世界の隅で 紡いだ物語
あの日と同じ チャイムが鳴って
校舎に さよならが 染み込んで往く

「一緒に帰ろう」って君の声が
今でも 聞こえるような気がして
振り向いて 頷いて 息を止めた
誰もいない屋上 私は「溺れる魚」

かしこ。と申します。曲を作ってニコニコ動画に投稿しています◎http://www.nicovideo.jp/mylist/50674625

ツイッター:https://twitter.com/kashikomaru7

もっと見る

この作品URLを含むツイート1

もっと見る

▲TOP