涙色

投稿日:2018/03/29 08:09:12 | 文字数:564文字 | 閲覧数:47 | カテゴリ:歌詞

ライセンス: この作品にはライセンスが付与されていません。この作品を複製・頒布したいときは、作者に連絡して許諾を得て下さい。

harunacuteさんの楽曲に譜割りとともに寄せた歌詞です。
マジカルミライ2018コンテスト応募曲の予定です。
どうぞよろしくお願いします。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

少し涼しくなる 夕暮れは
何故か君を 思い出しちゃうんだよ

君はいつも 少し寂しそうな
顔をして 笑う
無理してたんだね

ああ 木漏れ日 アスファルト
ゆるい坂 自販機前

君と過ごした時間が 溢れ出して
熱くなる胸の奥

思い出すのは いつも同じ事
夏の終わり 君の手を引いて
最後の花火が終わる その時までずっと

浴衣の君の 頬に眩しく
光 照らしてる 涙色
忘れたくて 忘れたくて 思い出す


いつも何か忘れかけている
ような気がしてる いつか君に
もう一度 逢えたら


あの時

どうして手を放してしまったんだ と
後悔ばかりしてる だけだ


締め切ったカーテン 暗い思いと
夏を感じない 部屋の中で
明かりをつけたその時 僕の目に映る

冷えたグラスに 滴る雫
光 照らしてる 涙色
忘れられず 忘れられず 悔しくて


忘れてた事 思い出したよ
夏の終わり 君がくれた言葉
僕の肩に寄りかかり 囁いた言葉

「あの日、あの時、出会えてたから
 好きな物、たくさん出来たよ
 この夏の事、あなたの事、忘れない」


君の温もり 感じることは
もう二度と できないだろうけど
僕はいつも君の事 ずっと探してた

それも終わりに 終わりにしよう
冷えたグラスごと 飲み干した
君の頬を 眩しく光 照らす

涙色

この作品URLを含むツイート1

  • 【初音ミク】涙色【オリジナル】

    by harunacuteさん

オススメ作品10/26

もっと見る

▲TOP