曼珠沙華

投稿日:2019/09/24 18:27:45 | 文字数:287文字 | 閲覧数:10 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

ひとつ ひとつ 咲かせていく
赤い花びらは時の中で
ひとつ ひとつ 裂かれていく
小指の契りは夢幻

鬼が笑う 夕闇 手を引かれて渡る川辺
神が隠す 満月 照らす光は消えた

ずっと回りだしていく 正面向けぬカゴメ唄
きっと絡み始める 朱々と揺れる曼珠沙華
また一つ花びらが千切れ落ちる

ひとつ ひとつ 変えられてく
幼い記憶は霧の中へ
ひとつ ひとつ 割かれていく
青い果実は無知のまま

鬼が笑う 夕闇 忘れたくない淡い光
神が隠す 夕立 笑い方を忘れた

ずっと数え始める 縄跳び皿屋敷数合わず
きっと揺らぎだしてく 首を斬られる曼珠沙華
また一つ花びらが赤く染まる

頭の中に浮かんだ言葉をただ書いていこう。
応募はするけど、書いた段階で満足しているので結果はあまり気にしない。
自己満足的に活動してますが、
どうぞよろしくお願い致します。
2019/3/10に今更ながらライセンスを付けなかったときに
許諾するユーザーの追加の仕方を知りました。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP