ポカポカ陽気と部屋の中

投稿日:2019/12/15 21:52:01 | 文字数:679文字 | 閲覧数:15 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

暖かい春の静かな日差し
公園からのコーラスが耳を撫でる
暗がりから眺める窓が
今日も部屋の中を照らすんだ

たまには空気を入れ替えて
ベランダに出て深呼吸して
ぎこちなく歩いてみても
どうも自分じゃないみたいなんだ

他の誰か羨んで
それでも他の誰かを
責める気持ちにはなれなくて
生まれ変わったら
光り輝く道を歩きたいって
心から思った

まだまだこれからだってね
聞こえて振り絞って
いまでも夢は叶うって
聞こえて前を向いて
自分の声なんて誰にも
届かないと思ってたけど
一言でいい
今あなたに届けてみたいの

雨上がり平日 キラっとした日常
じっと見れないほど鮮やかな日
部屋の中はジメッとしてて
わたしはこっちの方がいいみたい

体と輪郭にモヤが掛かったようで
動き出すのに力がいるの
スマホの中 憧れ見れば
ふとした瞬間に涙が出るの

誰かのために生きるなら
わたしにはこれが精一杯の力だから
生まれ変わったら
自分に誇れるようになりたいなって
心から思った

いつの日か
夜更かしなんかしなくても
明日が楽しみで仕方ないって
思えるように

誰かのために
でもわたしのために
電子の声でよ
遠くまで響け

まだまだこれからだってね
聞こえて振り絞って
いまでも夢は叶うって
聞こえて前を向いて
自分の声なんて誰にも
届かないと思ってたけど
一言でいい
今あなたに届くように

あの日の夢を思っても
憧れになれなくて
肩書きを貼り付けても
いつしか窮屈で
自分らしさなんて誰にも
わからないと思ってはいたけど
一瞬でいい
今あなたにわかってほしいの

よろしくお願いいたします。

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • ポカポカ陽気と部屋の中

    by Pohmiさん

オススメ作品10/26

もっと見る

▲TOP