恋心

投稿日:2013/05/20 23:56:38 | 文字数:285文字 | 閲覧数:45 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

失恋から死にたくなる話。
よくある乙女心ですよねっ←

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

大切にしていた宝物が
腐り落ちていく音を聞いた
真っ赤に熟れたそれは
摘み頃を間違えた私を
責めるように

ぼとりと落ちて
潰れてしまって
貪るように蛆がわく

描いた夢に
すがった希望に
笑うようにたかる虫けら

やめて やめてよと払いのけて
宝物を抱えても
喰われたそれは空っぽで
うわべだけの残骸で
思い出に変えるには
狂おしいほど甘く薫る

面影に頼るには
変わり果てた宝物
“愛していた”という残響が
溢れた汁から漏れ出した

私もだよと泣きながら
腐ったそれを頬張った
甘い毒が蝕んで
私の体の時間は止まる

ああ私は今この瞬間(とき)
恋心に殺される

元「赤月奇瑠」です。
アカウント作り直しました。
基本的に暗い詩しか書けません。
お目汚しではあるかと思いますが読んでいただければ嬉しいです。

コラボ大歓迎です。
お気軽にご連絡ください。

Twitter ID→@kirai4649

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/28

もっと見る

▲TOP