album 2018

投稿日:2018/11/13 00:13:20 | 文字数:574文字 | 閲覧数:83 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

A
茜色の夕焼け
あなたとみる景色
今までいくつの季節
隣で過ごしたかな

A'
冬は白銀の夜
春は咲き誇る桜
海と空 群青の夏
あなたの色 真っ赤な秋

B
いくつかの分かれ道
選んで歩いてきた
遠回りもしたけど
ここにつながってたんだ

C
帰る場所ができて
そこにあなたがいて
「ありがとう」の代わりに
「ただいま」
「おかえり」

A
形のないものを
信じないあなたと
形のあるものを
信じられないぼくと

A'
あなたには見えないもの
大丈夫 ぼくが見てる
ぼくが見過ごしたこと
あなたが教えてくれる

B
一緒に笑って泣いて
たまに怒ってケンカして
ありふれた毎日
かけがえのないとき

C
昨日もきっとあしたも
小さな灯り囲んで
手をつなぎ笑うんだ
「冷たいね」
「暖かいね」

D
もっと話したいんだ
他愛ないことでも
鳥が鳴いてるとか
星が綺麗だとか

D'
あなたが思ったこと
ぼくが感じたこと
「好き」より「愛してる」より
その先にあるもの

B
ピント外れのあしたを
あなたが鮮やかにした
少しずつ変わりながら
確かにつながっていく

C
帰る場所ができて
そこにあなたがいて
「ありがとう」の代わりに
「ただいま」
「おかえり」

C
昨日もきっとあしたも
小さな灯り囲んで
手をつなぎ笑うんだ
「冷たいね」
「暖かいね」

ミクさんに歌ってほしくて詞を書きます。
よろしくお願いします。

https://mobile.twitter.com/mikuxlife

もっと見る

この作品URLを含むツイート1

オススメ作品10/30

もっと見る

▲TOP