ひとだま

投稿日:2019/09/08 17:30:00 | 文字数:899文字 | 閲覧数:7 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

作詞の練習してたら、暑すぎてへんなのできました。
作曲の練習にでも使って貰えたら幸せです。
呪文!呪文!縦読み呪文!
僕らのボーカロイド達はきっと上手に歌ってくれる!幸せ!!

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

何にもないな
真っ暗闇で
ひとだま ぽわり
なにもいわない

浮かんだままで
もひとつ増えた
ひとだま ぽわり
いつのまにやら


ここどこだっけ
わかんないかも
みぎむけひだり
目回りちゅうし
てっぺんめざせ
理にかなってる
おはし持つほう
どうでもいいや


土から伸びる手をとった
なんにもないより
ずっとまし


諦めなさいな、諦めなさいな、
逃げ出すのはもうお終い、お終い
一緒に闇におちましょう
真っ暗闇におちましょう

お涙頂戴、頂戴、頂戴
上澄みだけで充分ですが
畢竟きれいなものばかり
スクラップにしてごっつぁんです


ごまかせないか
子守歌では
ひとだま ぽわり
なんともブキミ

誘ってるのか
そうでもないか
ひとだま ぽわり
なんだかなれた


いまいつだっけ
どうでもいいか
さくらのねっこ
こねこのおはか
たましいやどり
はだしで逃げた
くさったつちで
すくすくそだつ


天へと藻掻く手をとった
この空っぽの
手慰み

およしなさいったらおよしなさいな
おっぱいねんねもおちまい、おちまい
一生闇におちましょう
えっちらおっちらおちましょう

春風吹いた、ともしび消えた
当然だって よくある話
おまけに「よくありすぎ」ちゃって
尾ひれもつかずに独り立ち


  【間奏(スーパー呪文タイム)】
 けもりしせるうやっかだうざてほい
 だいひゅめっついこなけちんなもも
 どんむりぺかしでこかぎまわっにはう
 こわみめてりおど
 けかこかりたでつっいっはどげちだ
 だいねおやにつそつもののいでたく
 いでらこししっすまうくねまださく
 いどさこたはくす



天から続く

手の先の土の中の人は
この空っぽにつかまって
なんにもないより
ずっと まし だったら

ぽわり


諦めなさいな、諦めなさいな、
逃げ出すのはもうお終い、お終い
一緒に闇におちましょう
真っ暗闇におちましょう


およしなさいったらおよしなさいな
おっぱいねんねもおちまい、おちまい
一生闇におちましょう
えっちらおっちらおちましょう

一緒に闇にいてあげる
なんにもないけど
ずっと まし

作曲します!と堂々と言えるように修業中です。
牛乳が好きです。絵も描きますが下手です。
動画制作にも手を出し始めました。収拾がつきません。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP