海水を飲む

投稿日:2018/12/13 20:28:47 | 文字数:439文字 | 閲覧数:101 | カテゴリ:歌詞

ライセンス: この作品にはライセンスが付与されていません。この作品を複製・頒布したいときは、作者に連絡して許諾を得て下さい。

現在曲募集中です

飲めば飲むほど喉は乾く
それでも海水を飲む時は...

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

A①
緩く融けていくコバルトの中
時期が来たのだと目を瞑る
海馬を走らせ 記憶を灯そう
温もりが尽きる前に


B①
淡く首に 染み付く口癖が
篭って ここに 留めている


サビ①
それでもまだ 溢れるとしたら
辛(から)いだけの 奇跡だとしたら
焼くような 喉の痛みも
掻き消すように 水を求めた
まだ 息は できるのだ




A②
縺れ逃げてきたネイビーの中
声を押し殺し 背を向ける
手帳を開いて 懺悔に回ろう
曖昧に沈む前に


B②
どうしたって 渦巻く後悔が
縋って ここで 待たせている


サビ②
崩れてゆく 魔法だとしたら
辛(つら)いだけの 未来だとしたら
裂くような 愛の濁りも
ぼやかすように 水を求めた
まだ 息は 出来るのだ


サビ③
吐くような 揺らぎだとしたら
暗いまま 忘れられるなら
その前に 水を掬おう
煮え切る喉を 諦めるなと
まだ 息を したいのだ


ラスト
辛(から)く辛(つら)い この水よ
掬い救って 僕になれ

大学①
作詞、動画イラストを受け付けております。
詞先のものが多くあるので、現在曲募集中ですと書かれている歌詞は是非曲をつけていただきたいですです。
曲先でももちろん大丈夫です。
仲良くしてください!

もっと見る

この作品URLを含むツイート1

▲TOP