投稿日:2011/09/08 00:10:18 | 文字数:244文字 | 閲覧数:20 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

夏をイメージして書いてみました。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

耐えきれないほどの暑さ
体温が上がってくるはずさまずは海に飛び込む
そして人々呼び込む
時間の流れに身を任せ
こうした時間の中で
一期一会の出会い
それは偶然じゃない
むしろ必然と言いたい
このまま時間が止まればいい
そんなことを願うがいい
と悪魔が微笑む
正直あなたを越える
ような人は見たことない
俺らは繋がっていたいだけなのに
目が覚めたとき青い
空は広がっていた
夢の中で君を追いかけていた
もういないはずなのに
もう一度あの頃に
戻れるなら戻りたい
けどもうそれは叶わない期待

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP