華蕾 (つぼみと読んでください)

投稿日:2013/08/19 12:39:12 | 文字数:447文字 | 閲覧数:63 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 


華咲いた あの季節
君という華蕾(つぼみ)と出会った 
こんなに好きになってしまうのなら
目をそむけてしまいたい


ねぇ、あの時 君は何を
言いかけて笑ったの?
寂しさが伝えるの 叶わない想いを

サビ
君が 泣いてる時に そばにいたのに…
なぜ?振り向かない 君の瞳(め)には
私は咲いていない 種にもならず
心という嘘 枯れてゆく

A2
笑顔の日 忘れない
この距離を崩さないために
いつでも思わせぶり そんな君の
幸せを願っている

B2
ねぇ、その時 君は何を
見て笑顔向けてるの?
孤独の中で想う 華びら散ってゆく

サビ2
ずっと 叶いもしない 夢をみていた…
前よりも遠く 感じる顔
きっと 誰よりも好き だからお願い
心から消えて さようなら


そして今 君という
華蕾は華となる 切なさ知らずに
涙を 枯らしてゆくの 


サビ3
ずっと 叶いもしない 夢をみていた…
前よりも遠く 感じる君
今は 後悔しない もう大丈夫
心から消える さようなら

小説・歌詞などを中心に
活動していきます!
ご依頼受け付けています。
自慢は、歌詞作るの早いですw
気軽にお声をかけてください^^

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP