時重に撓んだ古き不可思議(じじゅうにたわんだふるきふかしぎ)

投稿日:2012/11/09 21:56:19 | 文字数:724文字 | 閲覧数:106 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

kihirohitoさんとのコラボレーション的な奴。
諸々は別途記載。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

青嵐吹くと帰還する 夜叉の約束 沈む鐘
遊塞虚実 卦を裏返し 辺鄙な神秘の門扉を拓け

酌めども尽きぬ迷妄の底に うねる塊目籠で浚う
抜けば玉散る文化包丁で 大暗黒を吊るし切り
滋味豊良たる肉盛りて 御伽の骨の間から見る
理異なる深淵科学 覗く僕らは、かわり異形

君の人魂角燈にして 渾沌の途を鼻歌交じり。
偲ばず行けばけもの道 燈影散じ桃木照らす
魔居る虚空を後ろに提げて 千里を走るトランクに詰めた
真隣纏わる人文装置 旅路に待つは、えそら奇態

南蛮渡来の数に挑みて 銅の太鼓で楽隊は行く
夜の巷に鬼の内裏に 地相睨んで柄杓踏む

密造された平々の声が 打った琥珀の飛礫を拾い
常世に放れば叫ぶ怪歳。

~~~~

せいらんふくときかんする やしゃのやくそく しずむかね
ゆうそくこじつ けをうらがえし へんぴなしんぴのもんぴをひらけ

くめどもつきぬめいもうのそこに うねるかたまりめかごでさらう
ぬけばたまちるぶんかぼうちょうで だいあんこくをつるしぎり
じみほうりょうたるにくもりて おとぎのほねのあいだからみる
ことわりことなるしんえんかがく のぞくぼくらは、かわりモノ

きみのひとだまランタンにして こんとんのとをはなうたまじり。
しのばずいけばけものみち とうえいさんじとうぼくてらす
まいるこくうをうしろにさげて せんりをはしるトランクにつめた
まとなりまとわるじんぶんそうち たびじにまつは、えそらゴト

なんばんとらいのかずにいどみて どうのたいこでがくたいはゆく
よるのちまたにおにのだいりに ちそうにらんでひしゃくふむ

みつぞうされたへいへいのこえが うったこはくのつぶてをひろい
とこよにほうればさけぶかいさい。

(プロフィールはありません)

この作品URLを含むツイート1

  • 時重に撓んだ古き不可思議

    by kihirohitoさん

▲TOP