回遊に至る夢 歌詞

投稿日:2021/08/18 18:44:29 | 文字数:314文字 | 閲覧数:34 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

5曲目投稿オリジナル曲「回遊に至る夢」の歌詞。

(歌詞に句読点や読点を入れれば残響系っぽくなると思いませんか??わたしはそういうふしがある)

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

日曜の昼下り。
退屈なテレビ、雲交じり灰の空。
閉じた窓の中で、
どこかへ逃げるように
白昼夢を綴る。

いつか空を飛んでいく
渡り鳥の夢を見ていたの。
ここではない場所へ、明日へ、
私を連れ去ってくれよ。


それから少し時間が経って、
加速続く日々に
振り落とされかけていた。
逃避して、
意識を溶かした青で描く
青写真を眺めていた。

いつか最果ての街を
抜け出して南西を目指すの。
海を臨む街の中で
私になりたいの。


さよなら。
この物語が始まってしまった街よ。
また会う時が来たとして、
お互いきっと覚えていないよ。

私はここには居ないの。
いつだって夢の中にいるの。
数年後、未来でまた
私に会いに来てくれよ。

秋羽カロという名前で自作曲をニコ動とつべに投稿しております。

CevioAIの結月ゆかり麗を使用、ジャンルとしてはギターロック~オルタナあたりのイメージです。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • 回遊に至る夢

    by 秋羽カロさん

オススメ作品10/18

もっと見る

▲TOP