a lost

投稿日:2018/05/28 22:49:51 | 文字数:688文字 | 閲覧数:73 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

タイトルは『迷い子』的な意味合いでつけましたが、
内容はどちらかというと前向きな感じで書いてみました。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

過ぎ去っていく季節 通り過ぎる景色
視界の中に留まる物は 何一つ無い
朝を告げる太陽 繰り返す日常
瞳に映る全ての物は 進化を詠う

紙一重の喜びと寂しさも
心を揺さぶる 一欠けらの証

時間(とき)を刻んで 時間(とき)に刻まれ
振り返れば 輝く軌跡
消えないままで 消せないままで
積み重ねられていく 記憶
夜空(そら)に瞬く 星屑のように
姿を晦まし続けても
求める事を 忘れないなら
直ぐ傍で きっと見つかるさ

息吹いていく木々 枯れ果てていく花
悼みを伝える 定められた在るべき姿
「泣き崩れる空も 暴れ狂う風も
 世界が見せる ひと時の気紛れ(もの)」
誰かが説いた

形の無い刹那さも永遠も
生きていく中で 自身が決める答え

時間(とき)を刻んで 時間(とき)に刻まれ
振り返れば 輝く軌跡
消えないままで 消せないままで
積み重ねられていく 記憶
夜空(そら)に瞬く 星屑のように
姿を晦まし続けても
翼広げて 宙(そら)を泳いで
いつの日か きっと見つかるさ


何気無い暮らしの中で
いつの間にか 失くした物がある
あての無い歩みの中で
いつの間にか 無くしたものがある
後悔という足枷に囚われて
人(ぼくら)は それでも

〝瞬間(とき)〟を刻んで 〝人生(とき)〟に刻んで
振り返れば 輝く軌跡
消えないままで 消せないままで
積み重ねられていく 記憶
夜空(そら)に瞬く 星屑の中
深い闇に呑み込まれても
求める事を 忘れないなら
直ぐ傍で 光は射すから

翼(はね)は無くても 歩き続けて
大切なもの 失くさないように
その手に強く 握り締めて

言葉による想いを綴って、言葉で繋がりたい。

コラボとかやりたいので、作品に興味を持てたら
絡んでやってください(>ω<)

この度、一からやり直そうと思い、再度活動を始めました。
よろしくお願いします(ฅ'ω'ฅ)

もっと見る

この作品URLを含むツイート1

▲TOP