背中

投稿日:2018/02/19 16:09:27 | 文字数:331文字 | 閲覧数:64 | カテゴリ:歌詞

ライセンス: この作品にはライセンスが付与されていません。この作品を複製・頒布したいときは、作者に連絡して許諾を得て下さい。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

   
   背中
   
   A
   さよならを君の背中にしまった
   少し髪が伸びたよね 
   ちっとも僕を見ないけれど
   うなずいてるからまあいいや
   B
   僕はあいずちさえ面倒だ 
   ただ 言えるのも好きって何ってことさ

   サビ
   また暗闇を一緒に歩けない手を繋いで離して
   もう君は消えていったよ
   A
   シャンプーの香りも忘れたいよ
   探さないようにするよ
   他の奴がよかったのなら
   もっとすぐに言ってくれよな
   B
   答えを守れないこととはさ
   時間のせいではなく僕のせいでいい
   サビ
   また暗闇を一緒に歩けない手を繋いで離して
   もう君は消えていったよ

  

(プロフィールはありません)

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP