塵芥(じんかい)の礎【作曲をして頂きました】

投稿日:2016/08/09 22:50:06 | 文字数:857文字 | 閲覧数:255 | カテゴリ:歌詞 | 全2バージョン

ライセンス:

「驕るものはさえ、塵の一つ………」

とある方からお題を貰い、書かせて頂きました。
お題「兎」と、挑戦お題「神殿の守り人」です。
………物凄く、好きな作家さんの影響を受けているなぁ~と感じる作品です( ̄▽ ̄;)

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

Aメロ
夕暮れの密林
時外れの神殿
私でさえ忘れている
闇の匂いが近付く

Bメロ
血を好むもの
悪に魅入られるもの
五月蠅い声が
空洞を揺らす

S
火を掲げ 槍を放て
守るものさえ朽ちていても
兎の骨の形見を
受け入れた時から
私は古き礎の塵
神殿の守り人


Aメロ
雨(あま)濡れの宵闇
月隠れの神殿
私でさえ途絶えている
蜜の甘さが誘(いざな)う

Bメロ
非を望むもの
永久(とわ)に抱かれるもの
刹那い声が
結界を贄(にえ)る

S
眼を潰せ 愛を荒らせ
挑むものさえ亡いていても
兎の骨を噛み締め
創世(終わり)ゆく時まで
私は悼み礎の塵
神殿の守り人


Cメロ
神の遣い鴉が
今か今かと待っている
くだらない終焉


S
陽を遷(うつ)せ 灰を狩らせ
謳うものさえ空いていても
兎の骨の躯(からだ)を
承け容れた時から
私は旧き礎の塵
神殿の守り人




<ひらがな表記>
Aメロ
ゆうぐれのみつりん
ときはずれのしんでん
わたしでさえわすれている
やみのにおいがちかづく

Bメロ
ちをこのむもの
あくにみいられるもの
うるさいこえが
くうどうをゆらす

S
ひをかかげ やりをはなて
まもるものさえくちていても
うさぎのほねのかたみを
うけいれたときから
わたしはふるきいしずえのちり
しんでんのまもりびと


Aメロ
あまぬれのよいやみ
つきがくれのしんでん
わたしでさえとだえている
みつのあまさがいざなう

Bメロ
ひをのぞむもの
とわにいだかれるもの
せつないこえが
けっかいをにえる

S
めをつぶせ あいをあらせ
いどむものさえないていても
うさぎのほねをかみしめ
おわりゆくときまで
わたしはいたみいしずえのちり
しんでんのまもりびと


Cメロ
かみのつかいからすが
いまかいまかとまっている
くだらないしゅうえん


S
ひをうつせ はいをからせ
うたうものさえあいていても
うさぎのほねのからだを
うけいれたときから
わたしはふるきいしずえのちり
しんでんのまもりびと

アイコンは、もふるおさん に描いて頂きました。Twitter @moghluo
ヘッダーは、haineko さんに描いて頂きました。Twitter @shino1997
意外と惑わせていて、罪悪感を感じるので…。
りくりくりは男性です。
もう少し(いつまでも?)初心者です。
歌詞とSS(歌詞もどき)を創作しています。
基本的に投稿している作詞は作曲・イラスト募集をしているものです。

ただ、自由に歌詞を書くと長くなりすぎる傾向がありますので、しにくいと思われますが。・・・短くなるように精進中であります。
気に留めていただけたら幸いです。

遅ればせながら、Twitter始めました。
@rikulikuri

そして、何故か…。
音遊びを始めてしまいました………!?

お家には、v_flower(v4)、夢眠ねむ、兎眠りおん(v4)、心華(v4 日本語)、蒼姫ラピス、MEIKO(v3)

もっと見る

作品へのコメント1

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • userIcon

    使わせてもらいました

    ごめんなさい、歌詞をまた使わせて頂きました。許して下さい!

    2017/01/30 11:32:43 From  squeaky_chair

  • 塵芥の礎

    by squeaky_chairさん

もっと見る

▲TOP