四季彩のセレナーデ

投稿日:2021/05/05 14:11:07 | 文字数:613文字 | 閲覧数:60 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

四季彩のセレナーデ
------------------

BPM=172

作詞作編曲:夜崎ゆい


------------------
モノクロ世界 キミにまた逢えたら
幻じゃないって きっと分かるから
そうだ そよぐ風に想いを乗せるよ
四季彩のセレナーデ

止まらぬ心音と 包んだ温かさ
夢見たともしびが まぶた焼き付いてる
雪解け待ってても 見つからない
どこに君はいるのかしら

白い季節が終わり いつの間にか春が来ても
いつもずっと回る歯車は二人の今を映し出している

降り積もる雪が さみしさを埋めてく
朝になれば溶け出してくのに
駅のホームで帰りを待ち続けるの
ねぇ まだ 今何してるの?

収まらない鼓動 繋がらない電話
夢見たぬくもりが 心刻まれてる
雨が止んでもまだ分からなくて
どこにキミはいるのかしら

白い季節が終わり いつの間にか大人になる
明日もずっと回る歯車は二人の今を映し出している

降りしきる雨が 私を慰めようとして
強がっても意味などないのに
駅のホームで ただ一人帰りを待ち続けるの
ねぇ まだ 今何してるの?

記憶の欠片たち 集めてみたけど
今は もうないよ
キミの顔さえ 忘れそうになって
溢れ出すこの気持ち教えて 季節変わる前に

降り積もる雪が さみしさを埋めてく
朝になれば溶け出してくのに
駅のホームで帰りを待ち続けるの
ねぇ まだ 今何してるの? 今どこにいるの?

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • by とるらさん

オススメ作品10/27

もっと見る

▲TOP