朝霧に消えた。

投稿日:2012/01/03 17:57:28 | 文字数:207文字 | 閲覧数:120 | カテゴリ:歌詞 | 全2バージョン

ライセンス:

心から愛した人が、運命の人とは限らないから。


http://piapro.jp/t/zAeMに応募する作品です。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 


置き去りの僕の言葉
眠る君の傍 明日(あす)が来るのを待ってる

懐かしい匂いに目をさましてる君は
僕のことを忘れてる

風が止む 朝が来るらしい
僕が握る刃(やいば)の先が鈍く光る

霞んで消えた 君のその叫び
僕だけに届かないから

夜はまだ気づかない 朝がくる


投げ出した僕の答え
扉を開いて 君は来るのを待ってる

しがみつく 震えた手
手渡した愛は
僕だけが知ってるから

君だけはしらないまま

(プロフィールはありません)

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • 【猫村いろは】朝靄の中に消えゆくもの(仮)【DEMO】

    by 瀬良さん

▲TOP