カイメイ&カイカイカイ… 5

投稿日:2009/06/28 22:01:45 | 文字数:1,260文字 | 閲覧数:438 | カテゴリ:小説

ライセンス:

こんばんは!
リオンでーす。おや、また面白くもない小説を読んでくださってる方がいたんですね!!
光栄です!
そういえば、これまで投稿したモノ(すべて小説)が、最初の『悪ノ物語』シリーズで二十を超えていることが、結構前に判明いたしました。
…長いっすね。ああ、ハイ。この場を借りてごめんなさい。
このシリーズはそう長くないと思います。次かその次位で終わると思いますんで、どうぞよろしくお願いしますー。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

 青い空、白い雲、それから一番大事な、
「青い海ー!!」
 うれしそうにはしゃぎながらカイトは海の家でアイスを買おうと、財布を準備し始めていた。
 キカイトは重い荷物を車とバイクからおろして、広く敷物を敷いて休憩所を陣取り、そこにどんどんお菓子やらジュースやら浮き輪やらを置いて着々と完璧な休憩所に近づけていっている。その間、帯人が小さい三人(二人と二匹)を、うまく黙らせて車の中で足を組んでふてぶてしく座っていた。
 ここにいるのは、カイト・キカイト・帯人・アカイト・メイコとチビ三人だ。
 ここにいない三人はというと、メイトとカイコは仲良く近くの遊泳禁止海岸で、釣りをしていた。ニガイトは家でお留守番。
「ちょっと、カイト、アカイト。手伝って!」
「何?めいちゃん」
「何だよ?」
「ハイ!これもって」
 そういってメイコは二人に大きな荷物を持たせた。何を持たされたのか、分かっていない二人はほぼ同時に、かつ、同じ角度できょとんとした顔で首をかしげた。
「これ、何?」
「クーラーボックスよ。中にジュース、入れるから蓋開けて。早く!」
「あ、はいはい」
「そしたらキカイトのところまで持っていく!アカイトはその中のオレンジジュースもって車の子達を呼んできて」
「はーい」
「ういー」
 それぞれが返事を返すとゆっくり暑い中を歩いていく。メイコは額の汗をぬぐった。バイクの荷物は出し終わったし、どうしようか…。とりあえずバイクを浜辺から移動させようと、バイクを発進させた。
 
「めいくん、暑いね」
「暑いな。ビールもぬるくなってきた」
「もうっ!めいくんはお酒のみ過ぎ!月に一回くらい、禁酒週間作るよ!」
「ひどっ!いつも疲れてんだよ」
 そういうと日光と地面のコンクリートからの反射熱ですっかりぬるくなった銀色の缶を拾い上げ、中のビールを飲み干すと、海のほうへ空になった缶を投げ捨てた。トプン!と音が鳴り、水がはいったのか青い海の中へ、あっけなく缶は沈んでいった。
「それじゃあ来る魚も驚いてこなくなっちゃうよ?」
「そのときはそのとき。来たってメイコの酒のつまみになるんだから」
 もう一度コンクリートに座りなおし、メイトは次のビールの口をあけた。

「じゃあ、遊んでくるか!!」
 チビ達よりもうれしそうにしているのは、アカイトだった。今、メイコは水着に着替えるため、更衣室に行っていて、この場にはいない。帯人も車から出るのが嫌だそうで、キカイトはかき氷を買いに行って、席を立っている。つまり、ここにいるのは、カイト・アカイト・チビ三人というわけだ。
「そうだね。もうすぐめいちゃんとかキカイトが帰ってくるだろうし。行こう!」
 二人が走り出してその場を去ったのと入れ替わりにメイコが更衣室から帰ってきた。赤い、ビキニ姿のメイコは細身で華奢な体つきをしていた。
 敷物の上に寝転がると、大きなビーチパラソルの下では暑い日差しも暖かく、だんだんと睡魔に襲われ、メイコは瞼が重くなるのを感じてゆっくりと目を閉じた。

リオンといいます。よろしくお願いします!
気が合いそうだな、とか思う優しい方はどうぞメッセージでもなんでも!!
一応プロフィールを↓
[性別]
女。
でも中身はだいぶ男が混ざっていると思う。

[年齢]
第一志望校合格しました!
一番近くの高校にいけます…。よかった。
でも結局中学校三年間ほぼ勉強しなかったな…。

[性格]
男勝りですが、こういうところでは結構きちんとした言葉使いだと思います。
好きなことはイラストを描くことで、投稿しようとしたんですが…。サイズとかなんだとかで訳が分からず断念…。
異性とも同姓とも仲良く出来ます!!
たまにお母さん的発言が出たり、吸血鬼みたいなことを言い出します。
「やめなさい!!」とか、「血、なめたい」みたいな。

[好きなボカロ]
全体的に好きですけど、特にすきなのはルカ・リン・レンです。

[UTAU]
最近、パソコンで使えるようにしました!!
大量にDLし、親に呆れられました…。

[その他]
最近、友人がボカロを聞いているうちにロボ声になったという話を聞いて、少しうらやましいと思ってしまったり、「瞳を閉じて」の前奏で「リナリア」を思い浮かべてしまう、末期症状患者です。
小説には誤字脱字が多く、リンレン小説ばかり書いています。
たまには別のキャラが主人公のも書いてみたいと思いつつ、ネタ切れ気味です。

ルカ、リン、レンは俺の嫁…ていうか、むしろその三人は俺でいいよ。もう。

最近の出来事。
○気付いたことですが、死別ネタがおおいですなぁ。
○声を作って歌ったら、ボカロっぽい声だな、って友達に言われたよ!やったね!!
○晴れて投稿四百個突破です!ありがとうございます!
 しばらくは何度か間が空くこともあると思います。ご了承ください。
○ブログと言う名の妄想のはけ口作りました↓
         http://sky.ap.teacup.com/kamuzo/
○月・水・金曜日は塾があるので、不定期に投稿を休むことがあります。すみません。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/21

もっと見る

▲TOP