イカサマ⇔カジノ【自己解釈】

投稿日:2012/04/02 23:23:39 | 文字数:2,178文字 | 閲覧数:26,163 | カテゴリ:小説

ライセンス:

今日はじめて聞いて、またしても衝動的に書きました(ぇ
カジノとかルーレットとか、いろいろ調べて書いたんですけど、おかしかったらスルーしてください。


本家様 http://www.nicovideo.jp/watch/sm17428538


次回投稿予定

「嘘の占い師」
「背徳の記憶~The Lost Memory~ 3」   …coming soon

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

「彼らに勝てるはずがない」


そのカジノには、双子の天才ギャンブラーがいた。
彼らは、絶対に負けることがない。

だから、彼らは天才と言われていた。


そして、天才の彼らとの勝負で賭けるモノ。
それはお金ではない。


彼らとの勝負で賭けるのは、『自分の大事なモノ全て』。

だから、負けたらもうおしまい。



それでも、貴方は賭けますか――?









<<イカサマ⇔カジノ>>








人間の、醜い欲望。
鳴り止まない喧騒。
そして、駆け引き。

それら全てが渦巻くアンダーシティ。


生きる為にはしなければいけない、仕事。
上を目指す者ならば必ず願う、成功。
誰もが追っている、夢。
進むために人間が持っている、希望。

そして、それらを求める猛者達。


客にカクテルを出しているバーテン。
カードを配っているディーラー。
ルーレットを回しているギャンブラー。

彼らが集まるのは、とあるカジノ。





「…あ、また来た」


俺のその言葉を聞いて、片割れのギャンブラーは静かに微笑んだ。


「あら…今日はずいぶんと、お客様が多いわね」


リンがそう言うのも無理はない。
このカジノは小さい。
でも客はまぁまぁ来るのだが、俺たちのところに来る客は、一日で4,5人程度なのだから。

それがどうだ、今日はこの客で15人目だ。
いくらなんでも多い。
まぁ、俺たちは儲かるほうだからいいんだけどさ。


「まぁ…貴方達が、あの噂の天才ギャンブラー?」
「えぇ、そうです。私はリン」
「俺はその片割れ。レンと申します」


俺たちが軽く名乗ると、その女性は少し驚いたような顔で言った。


「へぇ、双子のギャンブラー…貴方達はまだ若いのに、どうしてこんなところにいるのかしら?」」
「それは貴方にも言えることです、ミクさん」
「あら…貴方達、私の名前を知っているの?」
「貴方のことは、そこらじゅうのカジノで噂を聞きますよ。なんでも、男性ギャンブラーを誘惑して自分を勝たせる…みたいなこと、してるじゃないですか」
「それはぁ、ただのウ・ワ・サ。本当は正々堂々と戦ってるわよぉ」


女性はとぼけたように答えた。


(レン。あいつ色目使ってるわ。信じるつもりじゃないでしょうね)

唐突に、リンが目でそう言ってきた。

(そんなわけないだろ?どんだけああいう客を見てきたと思ってんだよ)
(でも…)
(あのなぁ…俺はああいう女はキライなの。キモイし、ロクなヤツじゃないってこと、よくわかってるだろ?)
(はいはい、わかったから)


だったらリン、お前の服もどうなんだ。
あからさまに…やっぱいいや。


「まぁ、そんな話は置いといて。今日はどのようなご用件で?」
「そんなの、決まってるでしょ?ゲームをしにきたのよ」
「…あははっ。そうこなくちゃ。じゃあ」


俺たちは笑うと、いつもの言葉を口にする。


「貴女の大事なモノ」
「全部賭けましょう」


そして、俺たちは女性に言う。


「さぁ、今宵のGameは何だい?」
「ほどよい刺激を頂戴?さぁ、どうする?」
「そうねぇ…カジノの女王、ルーレットをお願いするわ」
「ルーレット…ホイール(円盤)を廻してボール(球)を落とし、落ちる場所を当てる簡単なゲーム」
「オーケー。やってあげる」


俺たち三人は、テーブルに向かう。


「聞いたところでは、ミクさんはルーレットが得意だそうですね」
「勝ったときに1増やし、負けたときに1減らすシステム…ダランベールなんて、退屈すぎるわ」
「ダランベールは無しだからね。どっちの色?」
「黒にしておくわ」
「じゃあ俺たちは赤ね」


俺は球を手にする。


「狙うは?」
「「36倍」」


さぁ、“俺たち二人”の舞台へ…


「いくよ?」


俺は、ルーレットを廻し球を投げ入れた。


目にも留まらぬ神業。
それは、俺たち二人だけができるShow Time。
運命的なシチェーションで、俺たちにとっての遊戯盤は廻り出す。

客は完敗?
今回の客が失うのは、多額の「金」か?
それとも、自らの「プライド」か?


円盤のスピードは遅くなっていく。
そして球が止まるその寸前で、女性は瞳を閉じた。

そして、目が開かれるまでのわずか一秒。
俺は、黒の36に入るであろう球を掴み、ポケットに隠す。
リンは隠し持っていた球を、俺が掴み取った球があった位置から転がす。
そしてカタンと音がしたとき、女性は目を開いた。


「え…嘘…!私が、負けるなんて……!」
「私たちの勝ちよ」


球は、赤の36に入っていた。

これが、俺たちが天才と言われる理由。
イカサマをしているなんて、俺とリン以外は知らない。
いや、俺たち以外にわかるはずもない。
それぐらいに、俺たちは完璧なのだから。


「さぁ、貴女の大事なモノ全て…プライドはたった今壊れたから、残りのお金だけ全部もらうわね」
「負け犬に用はない。今からアンタは、ただの女」
「そんな……!」


彼女は崩れ落ち、泣き出した。
今回も、俺たちは勝った。
それは、隙を見てイカサマをしているから。


瞳を閉じたその隙に、相手の心ごと奪ってあげましょう。
それが、俺たちの役目。

のほほんと生きる物書きです。
ギャグから真面目なものまでいろんなジャンルの小説を書いています。
…のはずが、最近はがくルカを書くことが多いです。


IN率低いです。
マイページ以外では「かなりあ荘」というコラボに出現します。

全体的にgdgdなものが多いです。
小説は、自己解釈もオリジナルもやってます。
だいたいはその場のノリで書いてます。

もっと見る

作品へのコメント1

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • userIcon

    ご意見・感想

    こんばんはです、雪葉です。
    カジノ・・・・・私はルーレットのほかにミニカバラ、ブラックジャックなら知ってますよ。
    この小説で本家を見る気になりました。あとで見てきます。
    それでは、失礼します。

    2012/04/03 00:07:16 From  雪葉

  • userIcon

    メッセージのお返し

    雪葉さんこんばんは。

    自分は、あとはポーカーぐらいしか知りません。やはり一番わかるのはルーレットです。

    ありがとうございます。本家は歌も歌詞もPVも素敵ですよ。

    2012/04/03 00:19:27 ゆるりー

もっと見る

▲TOP