(non title)

投稿日:2014/08/20 19:54:06 | 文字数:365文字 | 閲覧数:113 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

作詞 楓

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

弱虫なこの僕は
何もせずに月を見てた
誰が傷つこうが
僕じゃないならそれでいいや

壊れてるヘッドフォン
聞こえてくるだれかの歌声
そっと外して暗闇に落とした

もうね、もうね、いらないんだ
僕は多分、強くなれた
黒く汚れたこの手を
見つめることもできるようになったんだ

泣き虫なあの僕は
何もせずただ落ちた
誰か死んだ時に
羨ましくも思いました

笑ってるヘッドレス
答えてくれるだれかの質問
そっと抱きしめ切り刻み殺した

もうね、もうね、諦めたんだ
僕の弱さ、何もかも
白い汚れない手を
羨むことすらやめ始めたんだ

僕はただの弱虫だ
きっと何もできないんだ
死ぬことすらできなくて
だから、だから・・・

もうね、もうね、決めたんだ
僕は多分。弱いままだ
けれど少しくらいなら
ホンの少しくらいなら強くなれる気がするんだ

方言が抜け切れていないので何言ってるかわからなかったらお手数ですが遠慮なくおっしゃってくださいまし。
作詞、動画、絵、utau入力、キャラ、脚本、小説やっております。
湯島結代(ゆしま ゆしろ)です。

よしなに。

現在持病の悪化により創作スピード落ちてます。

オールジャンル書いてますが一応病み歌詞多めなので苦手な方はご注意を。

もっと見る

この作品URLを含むツイート1

もっと見る

▲TOP