陶器のひと

投稿日:2017/06/19 23:22:20 | 文字数:257文字 | 閲覧数:46 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

あした雨が降るなら
きょう会っておきたかった
雨が降ってくれるなら
ぜんぶながれてゆく

街の樹の下で
あなたを待つ
あのひとは
陶器みたい

わたしはそっとそっと
繭のなかにとじこもるの
狭くも暗くもなく、
あたたかくてじんわりと
波の匂いがするの

あした隕石が落ちたならば
きょうを後悔するかな
宇宙と出逢えるのよ
よく手を洗わなくちゃね

街の樹の下
その樹のふもとは
あした隕石が
落ちるところ

わたしはそっとそっと
繭のなかにとじこもるの
狭くも暗くもなく、
あたたかくてじんわりと
波の匂いがするの

cat nap の詞とねこぜを担っています。
ここに載せているものに曲をつけていただける際はお手数ですが事前にお知らせください。
ついったー@kirin_no_tom

もっと見る

この作品URLを含むツイート1

▲TOP