旅するボーカロイド / feat.初音ミク

投稿日:2020/06/23 22:09:03 | 文字数:702文字 | 閲覧数:84 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

オリジナル曲の歌詞です。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

車窓の中 流れる景色
ポケットの中 スマホを握りしめた
新しい街 知らない人たち
足りないモノがあるんなら 勇気だけ

改札の外 慣れない匂い
思いの外 私は無力だった
目的のないようなそんな気分だ
コンビニのファストフード いつもの味

道を征く人の影とか ヒソヒソ喋る声
何もこわくないだろ そんなの分かってるけど
心細かったんだ 心が震えてる
そうさ 私はこの街で

探してる きっとすぐ近くにあるはずなんだ
だけどどうしてだろう 見つけられないな
古いカフェ 路地裏 夕陽に染まった港
歩き疲れちゃった 夜の匂いがした
こんな一日も悪くはないな
宛ての無いそんな一人旅

銀河鉄道 宇宙回想
ベッドの中 眠りに誘われた
片道切符 どこまで行くの?
行き先を決められるのは私だけ

心の重さ 飛べない弱さ
空を仰ぎ 鳥になりたいと願った
夢見てることに気付けないみたいに
本当の私はまだ眠ってるかもね

なんで生まれる前のこと思い出せないの?
消えたあとどうなるの? 誰にも分からないか
この箱庭の中で 何かを成し遂げても
いつか全て消えてしまって

朽ちていく 優しい神様が描いたルール
嫌いになれないや 尊すぎるから
赤い海 草原 氷に閉ざされた砂漠
鉄の臭いでむせた 息もできないな
そして現れる「止まれ」の標識
どいてくれ 早く

そろそろ行くけど 忘れてしまわないで!
世界は1つじゃない

雲を越え 月を越え キラキラ輝く星を越え
鏡の国を越えて 兎を追いかけて
白い部屋 アンテナ 夕陽に染まった地球
やっと帰ってこれた 風の匂いがした
遠い遠い日の君に贈った
香水の香りみたいだった

音楽を作ることがあります。

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • 旅するボーカロイド / feat.初音ミク

    by 璃兎-LIT-さん

オススメ作品10/30

もっと見る

▲TOP