死にたがりの君と生きたがる僕。【6】

投稿日:2011/01/17 00:55:00 | 文字数:922文字 | 閲覧数:445 | カテゴリ:小説 | 全2バージョン

ライセンス:

完結。
切ないけれど優しい。そういう作品になっていたら、読者の方々もそう感じて下さっていたら嬉しいです。

これが私流ハッピーエンド。



【1】http://piapro.jp/content/78zz5qptzymm536n
【2】http://piapro.jp/content/34wh13maps7rbktc
【3】http://piapro.jp/content/kuyfugkhngxpa73a
【4】http://piapro.jp/content/rrc70vpgmiy8mmsa
【5】http://piapro.jp/content/b12g4aiuwnvff6jm

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 



覚悟は決めていた。
早く死にたいとも思っていた。
しかしそれは死とは無関係の場所にいる自分だからこそそう願ったのかもしれない。怖くはない。むしろ良かったのだと思っているが、ひとつだけ未練がある。
リンに出会うまでは無かった未練だがこういったカタチで死に逝くことが決まって、もっとリンと一緒に居たいと願うようになってしまった。
後悔はない。一人生きてゆくくらいなら、今すぐに死んでリンが生きてくれるのなら、それで良かった。リンと己の命、天秤に乗せて傾くのは前者だが両方をとれるのならばそれが良かった。約束を、守りたい。守れるはずがないと知りながら、破るつもりで交したわけではなかった。

らしくないと思ったが、リンにプレゼントを買い、手紙を書いていても何を書こうかと迷い、数枚に渡る手紙になった。でも読み返して馬鹿らしくなって、全部捨てて一言だけにした。ごめん、も違った。さよならも。リンに出会ってからの五年間は会う前の長い長い時間よりもずっと、生きていた。だから、自分を生かしてくれた、死にたいという願いを叶えてくれた、リンに向けた真っ直ぐな想い。
一緒に居てくれて、本当に嬉しかったのだ。
この異質な存在を否定も笑いもせずに信じて理解しようとしてくれたことが。
だからどうか、リンが自分を責めずに、前向きに生きてくれることを願いあの一言を文字にした。
それだけで十分に思えた。
「リン」
眠りにつけば、次はリンの一部になっている。
共に生き、リンが見たものを共に見て、死ぬ時も一緒だ。
大丈夫。
悲しむ必要はない。
本当は、隣に居たかったけれど。
色んな店を教えてやりたかったけれど。
たくさん、互いのことを、下らなくて他愛ないことでも話していたかったけれど。

それはもう叶わないから。

リンの中でずっと守り続けたいと願う。


そしてその身体が朽ちたとき、

人は魂が巡り巡って生まれ変わるというから。


きっと何処かで。

数百年先、記憶はなくても魂が憶えてる。



生きて死んで生まれ変わって再び出会った時、約束を守るから。



だからそれまで待っていて。














死にたがりの君と生きたがる僕。 完

跡地

プロフのアイコンはnuさんに作って頂きました。

引っ越し先→https://piapro.jp/kotoyuka

もっと見る

作品へのコメント1

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • userIcon

    ご意見・感想

    読破しました!裕さんの私流ハッピーエンドに深く納得。「あぁ、良かったなぁ」というスッキリした読後感でした。

    「生きるとは、死ぬことと見つけたり」ということですか?・・レン君の気概は往時の武士(もののふ)と同じですね・・いや、今ちょうど歴史モノの小説と同時進行で読んでいたもので自分の中で妙におかしなリンクをしてしまいましたw 勝手な解釈をお許しくださいm(_ _)m

    裕さんの小説好きです。また発表してください。ブラボー!!

    2011/01/17 00:27:43 From  小品堂

  • userIcon

    メッセージのお返し

    気に入っている作品ですので、そう言っていただけますと今後の活力になります><*
    お涙頂戴のような作品は書きたくなくて、「死にたい」という願いを叶えられたレンと、「生きたい」という願いを叶えたリン。他人からはどう見えようと二人が幸せならハッピーエンド、にしたかったので。

    そうですね、「生きる」ということは、死へ向かいながら日常で当たり前にこなしていること、感情が動いていくこと、という解釈で今回は書いてみました。

    好きだと言ってくださると調子に乗ってまた書いてしまいそうです(笑)
    今はまだ新作発表の予定はありませんが、書いたらupしていきたいと思いますー^^*

    読破ありがとうございました…!

    2011/01/17 00:52:44 夏乃

オススメ作品10/25

もっと見る

▲TOP