前へ

投稿日:2019/03/25 16:17:12 | 文字数:527文字 | 閲覧数:2 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

危ないな 前へ向かなきゃいけないよ
今日を彷徨うのも最初で最後
寝ていたいと思ってるのは 実は君だけ
気に掛けてやろうか 何かを差し出しな

足跡は途切れがちにずっと尾け狙う
用心がなっていないから 虫を呼び寄せる
来た道を帰れば答え合わせが始まって
鉢合わせで後悔 万事休す

感動の某に触れない半端な絶望
そんな量産型 鈍刀離して 手を貸してみろ
案外さ ちゃちな塩梅にできてる世の片隅で
みっともないまま行くのも良いんだよ

学ばないな 誰も暇じゃ居られないよ
同情を誘うのも大層な退行
見てみたいと嘯くのは 要は口だけ
朽ち果てていようが 未だに飽きないんだよな

耳元じゃひっきりなしに心音が漂う
秒針は待ってくれなくて むしろ急かしてる
逃げ道を増やせば巡り合わせが絡まって
「あの場所に戻りたい」なんて言う

栄光の某に跪く難儀な迷妄
こんな不幸ならば 儘ならないなりの橋を架けてみろ
惨敗なんざ暫定的でしかないのだろうから
今は誰よりも 前へ
感動の某に触れない半端な絶望
そんな量産型 鈍刀離して 手を貸してみろ
案外さ ちゃちな塩梅にできてる世の片隅で
みっともないまま行くのも
やけっぱち飛ばして走るも
結局そこには大差はないんだよ

人間です 普段はTwitterにいます
@S0t4o1n6e

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP