月の檻

投稿日:2012/07/20 04:14:06 | 文字数:493文字 | 閲覧数:75 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

君と、話したかっただけなのに。




勢いでできました。
元ネタはPecoさんに描いていただいたスカイプのアイコン、の元ネタ(笑)。

曲だいたいできてます。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

サビ
僕は 神様に
連れ去られて月という檻の中で
ただ人間になりたかっただけなのに


A1
他に取り柄がないって
気づいてたのは昔からだって
誰に言われたわけもなく
僕が僕に言っていたことさ

A'1
他に何も見えないって
わかってたのは最近になって
誰もいなくなってたのに
僕は気付いていなかったのだ


B1
あの青い星の
そのどこかで
君はきっと笑っているのだろう?


サビ1
僕は 神様に
永遠を約束された特別な存在で
ただみんなの死を目撃してきた
僕は 神様に
永遠を欲しいと望んだ覚えはないのに
ただ君と話してみたかった



A2
他に道がないからって
諦めてたのは昨日からだった
誰もこの背中押してもらえず
僕はただ一人ぼっちだったんだ

(間奏)

サビ2
僕は 神様に
連れ去られて月という檻の中で
ただ人間になりたかっただけなのに
僕は 神様に
連れ去られて月という折の中で
ただ君の笑顔を思うことだけでいい

僕は 神様に
永遠を約束された特別な存在で
ただみんなの死を目撃してきた
僕は 神様に
永遠を欲しいと望んだ覚えはないのに
ただ君と話してみたかった

リアルが多忙につきイン率減少中です。

自分なりに良い音楽を作っていきたいです。

新規ご依頼は一時的に受け付けておりません。
再開出来そうなタイミングで再開していきたいです。

アイコンはひなタノ。さんに書いていただきました!ありがとうございます!

Twitter:@i_z_u_m_i_n

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP