積雪

投稿日:2015/03/15 10:44:47 | 文字数:1,039文字 | 閲覧数:137 | カテゴリ:歌詞 | 全4バージョン

ライセンス:

いずれボカロ4に差し替えるかもしれない結月ゆかりのチルステップの歌詞です。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

--------------[・積雪・]--------------

作曲:Chief Meat
作詞:同上

-------------------------------------

繋がれてた掌が あたし達を暖めた
続いてゆく 雪道の中。

でもいつから 凍えたの?
感じたのよ お互いの心が冷めていくのを…。

-------------------------------------

嗚呼 いつからか、あたし達は視線を逸らし、
いつの間にか独りに慣れていた。

会話もしないほどに 距離を置いてて、
気付かないふりしていた。
 
-------------------------------------

嗚呼 もう 壊れそうなくらい
降りしきる雪に 埋もれそうで

誰でもいい。
鈍色の曇を、思いきりかき消して!

-------------------------------------

心を誤魔化して、身体を委ねたいの
零れてくこの雫が、ヒビ入るほどに凍てついた
この身体を癒して温かく溶かしてゆくまで…。

-------------------------------------

いつも同じ道のり、歩んできたのに
いつからだろう?
二人共自らに 嘘を重ねてた。

-------------------------------------

同じくらい歪んだ二人だけの歪さ、
寄り添って支えてたら、いつかはきっとお互いを
心から信じられるようになるはずだったのに

-------------------------------------

少しずつ離れてゆく足跡は
もう二度と近づくことはなく、
時間と共に、雪が二人の足跡を埋めていく。

虚しさも、悲しさも、怒りさえも
積雪がかき消していき、

やがて何事もなかったかのように、
冷たい風だけが吹き荒んでいき、
二人の愛情は、もう過去となるの。

-------------------------------------

深々と積もる雪を眺め、ため息吐く
吐息は真っ白で、

悴んでゆく指先、擦り合わせ屈むの。
あなたの名を 唱えながら…。

嗚呼 もうそばでまってくれた暖かな手を、見失い
独りだけ凍る魂…。

氷華の様に冷たく、もろく崩れ落ちてく。

今一度 時を戻して!抱きしめて!
好きと言ってよ!
また、この手を握ってよ!

あたしだけを見てくれたあなただけが欲しいの。

EDM(特に2step、グリッチホップ、エレクトロスウィング)大好き。
動画師様・絵師様常に大募集中です!
スカイプ:chiefmeat
twitter : ChiefMeat

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • 【結月ゆかり】 積雪 【オリジナル曲】

    by ChiefMeatさん

オススメ作品10/16

もっと見る

▲TOP